レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集部から]

2017年11月号 277号

(2017/10/17)

次号予告と編集後記(2017年11月号)

次号予告

2017年12月号
特集:「M&A関連法制等の動向と実務への示唆 [2017年版]」

2017年11月15日発売予定

※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。

編集後記


■「優秀な欧米のグローバル企業は『インターナル・コミュニケーション』に熱心です。理念や価値観やストラテジーを言葉も文化も違う人達にどうやって浸透させ、共感させるかというところに相当のエネルギーと知恵を使っています。買収した企業のインテリ幹部層に説明する際、理念・ビジョン⇒ストラテジー⇒マネジメントシステム⇒プラクティスと繋がる体系で説明しないと話が通じないのです」と語るのは本号の座談会にご登場いただいた日本板硝子の加藤雅也執行役員。ピルキントン買収に伴い、まず着手したのが理念・ビジョンの共有だったそうです。板硝子側はこれまで日本を軸として考えられていたビジョンをグローバル基準に焼き直して改めて翻訳し、ピルキントン側は文章の一言一句までこだわって手を入れ、それを持って各国拠点に対し説明に奔走したと明かしています。
『インターナル・コミュニケーション』は平時こそ大切です。例え中小企業であっても理念・ビジョンを明文化したうえで共有し、定期的に確認し合うことが大事です。皆さんも自社の理念・ビジョンを改めて確認してみませんか。案外、新たな気づきがあるかもしれません。(優)

■弊社が配信している「M&A速報」を含め、数多くのニュースサイトが毎日情報を発信しています。自前の記事に加えて他社の記事を併せて掲載していることも多く、ある特定のM&Aについて検索してみたら1つの報道記事を複数のメディアが引用していた、ということもあります。「これだけたくさんの媒体で同じ内容が掲載されているのだから真実だろう」とつい思ってしまいますが、そうとは限りません。なぜなら、記事の中には当事者発表を元にしたものだけではなく、記者が独自調査で得た情報や推測も含まれているからです。「この記事の信憑性はどの程度なのか」を見極めるうえで、記事をそのまま鵜呑みにせず、情報発信元がどこで、そのソースはどこから得たものなのかを確認する必要があります。
当社の「レコフM&Aデータベース」では、当事者発表がなく、報道機関の記事にしか記載のない情報は当事者に事実確認のうえで掲載をしています。「信頼できる情報元」として皆様に信頼されるよう、日々のデータを蓄積・発信していきたいと思います。(澄)

バックナンバー

おすすめ記事

ビジョン・ファンドで第4次産業革命の覇者を目論むソフトバンクグループ

速報・トピックス

第143回 外食業界 外食企業の「勝ち組」「負け組」を分けるもの

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第143回 外食業界 外食企業の「勝ち組」「負け組」を分けるもの

 編集部

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム