レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A回顧]

2015年2月特大号 244号

(2015/01/15)

2014年のM&A回顧

◇件数は2285件、金額は8兆9109億円、前年比11.6%、3.4%の増加
◇IN-OUTは557件、2012年の過去最多(515件)を更新
◇IN-OUT、OUT-INともにアジアが活発

M&A件数は2285件、2年連続で2000件超え

【表1】 2014年のM&A件数と金額  14年の日本企業が当事者となるM&A件数は2285件で、13年の2048件と比べ237件、11.6%増となり、2011年の1687件を底に3年連続で増加した。2013年に続き2年連続の2000件超えとなった(表1参照)。金額は8兆9109億円で、前年比2903億円、3.4%の増加となった。

  件数は全マーケットで前年比プラスとなった。IN-INは1558件、2012年以降3年連続で増加。IN-OUTは557件で、過去最高だった2012年の515件を上回った。OUT-INは170件で2年連続の増加となった。金額トップ20は表2のとおり。20件のうち14件がIN-OUTとなり14年も引き続き日本企業による海外企業のM&Aが活発だった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

<新連載>【第1回】 カーブアウトM&Aのコーポレートガバナンス上の重要性とスタンドアロンイシュー

スキルアップ

[【法務】カーブアウトM&A の実務と課題(柴田・鈴木・中田法律事務所 柴田堅太郎・中田裕人弁護士)]

NEW <新連載>【第1回】 カーブアウトM&Aのコーポレートガバナンス上の重要性とスタンドアロンイシュー

柴田 堅太郎(柴田・鈴木・中田法律事務所 パートナー弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム