レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データで見る]

2014年9月号 239号

(2014/08/15)

「合弁会社化」にみる日本企業のグローバル戦略~地域・国別動向~

  日本企業がグローバル展開を推進する手法として、展開先地域企業の経営資源をアライアンスによって有効活用しようとする動きがある。特に、アジアを中心とした新興国市場に対しては、販売力やノウハウをもつ現地企業とのM&Aによる合弁会社化を通じて、現地や世界規模の競争での勝ち残りを目指す動きが目立ってきた。M&Aデータを「合弁会社化」、「合弁事業化」、「事業統合」などのキーワードを組み合わせて抽出し、グローバル戦略の観点から眺めてみると、その傾向は2011年ごろから少しずつ増えている。しかも、日本企業の出資形態はマジョリティ出資に限らず、マイノリティ出資もあり、スキームは国や地域、事業内容によって様々である。これらの案件事例を国別、地域別などにまとめてみた。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

東証、新M&A指針を踏まえたMBO等の開示状況を公表

速報・トピックス

[緊急対談]コロナショック後を踏まえた事業戦略とM&A

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

[緊急対談]コロナショック後を踏まえた事業戦略とM&A

加藤 雅也(KPMG FAS シニアアドバイザー)
松田 千恵子(東京都立大学大学院 経営学研究科<ビジネススクール> 教授)

日本の外為法改正と、諸外国における外資規制強化の動きがクロスボーダーM&A実務に与える影響

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

NEW 日本の外為法改正と、諸外国における外資規制強化の動きがクロスボーダーM&A実務に与える影響

龍野 滋幹(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士)
中野 常道(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士)
田村 将人(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム