レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[アンケートでM&Aのプロに聞く]

2016年2月特大号 256号

(2016/01/19)

アンケートでM&Aのプロに聞く 2015年の総括と2016年の動向予想

  2015年の日本企業のM&Aは2428件と、前年の2285件を6.3%上回り、4年連続の増加となった。IN-IN1663件、IN-OUT560件、OUT-IN205件と、いずれも前年を上回った。とりわけIN-OUTは欧米企業に対する大型買収が相次ぎ、金額は11兆2585億円と過去最高を記録した。また、国内でも市場縮小、成長鈍化などを背景に業界再編(IN-IN、OUT-IN)が本格化してきている(詳細は「M&Aの回顧」をご参照ください)。2015年は世界を見渡してもM&Aが活発だった。2015年に日本企業のM&Aを動かした要因は何か、2016年の展望は?M&Aのプロを対象に2015年の総括、2016年の動向予想についてアンケート調査を実施した。

回答者38人(敬称略、五十音順) 
芦澤 美智子(横浜市立大学 国際総合科学部 准教授)、荒井 邦彦(ストライク 代表取締役)、安東 泰志(ニューホライズンキャピタル 会長兼社長)、植田 兼司(いわかぜキャピタル 代表取締役社長)、荻野 敦史(TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士)、神山 友祐(デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 パートナー)、北村 彰(ジャパンベンチャーリサーチ 代表取締役)、小山 浩司(リサ・パートナーズ 取締役)、坂本 英之(キーストーン・パートナース シニアヴァイスプレジデント)、櫻井 歩身(雄渾キャピタル・パートナーズ 代表パートナー)、佐々木 康二(東京海上キャピタル 取締役社長マネージングパートナー)、澤田 英之(レコフ リサーチ部長)、鈴木 栄(KKRキャップストーン・ジャパン ディレクター)、十亀 洋三(M&Aキャピタルパートナーズ 取締役 営業企画部長)、高原 達広(TMI総合法律事務所 弁護士)、滝島 知樹(エスネットワークス 執行役員)、竹田 年朗(マーサージャパン パートナー)、殿本 英希(日本みらいキャピタル シニアディレクター)、豊岡 芳人(リサ・パートナーズ 企業戦略部)、中立 洋一(キーストーン・パートナース ヴァイスプレジデント)、成田 宏紀(DCIパートナーズ 代表取締役)、西内 幸男(中小企業基盤整備機構 ファンド事業部部長)、野田 努(アリックスパートナーズ・アジア・エルエルシー マネージング ディレクター 日本共同代表)、橋本 豪(西村あさひ法律事務所 ニューヨーク州弁護士 外国法事務弁護士)、平井 宏治(カチタス 代表取締役社長)、平野 温郎(東京大学 大学院法学政治学研究科 教授)、深沢 英昭(東京海上キャピタル 会長)、福崎 昇平(丸の内キャピタル ディレクター)、福谷 尚久(プライスウォーターハウスクーパース パートナー)、藤井 徹也(リンカーン・インターナショナル マネージング・ディレクター 日本法人社長)、藤本 欣伸(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)、古川 英一(TMAC 代表取締役社長)、光澤 利幸(フロンティア・マネジメント 常務執行役員)、蓑田 秀策(オプトホールディング 取締役)、村田 祐介(インキュベイトファンド 代表パートナー)、安田 洋史(青山学院大学 経営学部 教授)、山内 利夫(プライスウォーターハウスクーパース ディールズグループ ストラテジスト)、山下 圭二(ソリューションデザイン 執行役員 投資第Ⅰ部門長)
 

   

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム