レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2012年10月号 216号

(2012/09/15)

150カ国超の拠点のエキスパートによってM&Aのプロセス全体をサポート

 デロイト トーマツ コンサルティングPre M&Aユニット
 篠原 学(Pre M&Aパートナー・ユニットリーダー)
 小泉 寿子(Pre M&Aパートナー)

  デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、国際的プロフェッショナルファームのデロイト トウシュ トーマツ(デロイト)のメンバーであり、日本最大級の会計事務所、有限責任監査法人トーマツのグループに属している。08年7月1日、トーマツ コンサルティングから社名変更、今日に至っている。スタッフは総勢約1000人。
「デロイトでは、それぞれの地域・国に即した経営課題について、150カ国超の拠点で活躍している経験豊富なエキスパートたちが、監査、税務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーのサービスを提供しています。DTCのM&Aチームは、M&A戦略立案からディール実行、M&A後の統合にいたるプロセス全体をM&Aライフサイクルと位置付けて、各プロセスでさまざまなサービスを提供することで、クライアントのM&Aの成功を総合的にサポートしていることが特徴です。したがって、戦略ファームのように企画だけ、投資銀行のようにディールだけ、ITファームのようにシステム統合だけではなく、M&Aの全プロセスにわたって、クライアントと二人三脚でおこなっていくのが特徴です」と語るのは、Pre M&Aユニットリーダー・パートナーの篠原学氏。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

<新連載>【第1回】 カーブアウトM&Aのコーポレートガバナンス上の重要性とスタンドアロンイシュー

スキルアップ

[【法務】カーブアウトM&A の実務と課題(柴田・鈴木・中田法律事務所 柴田堅太郎・中田裕人弁護士)]

NEW <新連載>【第1回】 カーブアウトM&Aのコーポレートガバナンス上の重要性とスタンドアロンイシュー

柴田 堅太郎(柴田・鈴木・中田法律事務所 パートナー弁護士)

2019年1-12月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム