レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[対談・座談会]

2016年4月号 258号

(2016/03/15)

[座談会]現場から見たASEANのM&A成功の条件

 梅津 英明(森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士)
 小黒 健三(やまと監査法人 パートナー、アクセルパートナーズ 取締役 公認会計士)
 塚本 信三(昭和電工 戦略企画部 グローバルビジネスプロジェクトリーダー)
 (50音順)
 (司会・構成)丹羽 昇一(編集長)

左から梅津 英明氏、小黒 健三氏、 塚本 信三氏

<目次>

自己紹介

丹羽 「チャイナプラスワンといわれて久しいわけですが、その候補先としてのASEAN諸国の重要性はますます高まりを見せ、ASEANへの投資・M&Aは高水準を続けています。しかし、新興国向けM&Aは容易ではなく、ポストM&Aにおける経営に苦慮するケースも少なくありません。特に、対象は中堅・中小企業となりやすく、大企業とは違った難しさもあります。また、ASEAN経済共同体がスタートし、TPPが調印されましたが、他方で、中国経済の減速や原油価格の下落、米国利上げなどの影響も懸念されます。そうした中、経営戦略上避けて通れないASEAN諸国のM&Aをいかに成功させるか。本日は、特に中堅・中小企業のM&Aを念頭に、陥りやすい失敗を踏まえて、成功のポイントについて、経験豊かな実務家の方々に語っていただきたいと思います。

  まず、梅津先生から自己紹介をお願いします」

梅津 「森・濱田松本法律事務所の弁護士の梅津英明と申します。M&Aを中心にやってきましたが、ここ数年はベトナム・インドネシア・タイ・フィリピン等のASEAN諸国に加え、ブラジル・メキシコを含む中南米地域、あるいはトルコやアフリカなどの案件が非常に多く、ずっと新興国のM&Aに携わっています。新興国に関しては、シンガポールや中国からのインバウンドもありますが、日本企業のアウトバウンドのM&Aがほとんどです。ただ直近は、グローバルコンプライアンスに関する仕事の割合が増えています。DD(デューデリジェンス)で賄賂が見つかったとか、買収後に会社の不祥事が発覚して事後対応するといったケースですね。今日はそのあたりも踏まえてお話ししたいと思います

小黒 「小黒健三と申します。公認会計士として、一貫して海外が絡む財務調査、監査、M&Aの支援などを専門にしています。3年前にPwC(プライスウォーターハウスクーパース)から独立し、現在は、やまと監査法人の代表社員としての仕事が1/3、 M&Aアドバイザー会社のアクセルパートナーズでの財務DDなどが1/3、JETROのアドバイザーも含め個人でのコンサルが1/3という感じでやっています

  大学卒業後、旭硝子で工場経理を経験させてもらった後、外部から会社を助ける専門家になりたいと思い公認会計士の資格を取りました。青山監査法人で監査を3~4年経験した後、2000年の旧中央青山監査法人の合併と同時にM&A支援の世界に入りました。当時、M&Aは新しい分野だったからです。私には新しもの好きの性格があるのかも知れません。国内M&Aにも慣れてきた2004年、PwC中国M&A部の先任者からお誘いがあり、これはおもしろそうだと上海に行かせてもらいました。3年半の中国駐在を経て、2008年の帰国後は中国に限らず、アジアを中心に、クロスボーダー案件(IN-OUT、OUT-IN)を集中的にやってきました。私がアジアに取り組み始めた2004年頃は、アジアのM&Aの草創期でした。そのころからの経験が私の財産になっています。M&Aフォーラム主催の『M&A実践実務講座』で丹羽さんと一緒に、長年講師を務めていますが、ずっとアジアのM&A実務の講座を担当しています

塚本 「昭和電工の戦略企画部グローバルビジネスプロジェクトリーダーの塚本信三です。新卒で三井化学に入りまして、石油化学原料等の需給調整や、工場の競争力強化(コストダウン)に向けた特命プロジェクトなどの仕事をやっていました。その頃、三井化学は海外との合弁会社がたくさんあることもあって、そういう会社のマネジメントをしたいなと思っていまして、自費でフランスのMBAを取得しました。その後日本総研に移り、それ以来13年間、再生・M&Aのコンサルティングの世界にいたことになります。日本総研では、産業再生機構関連など、再生案件の仕事が多かったのですが、その後移ったPwCでは、海外M&Aにおける事業面の調査や買収サポートなどを中心に行っていました。この分野はビジネスDDとも言いますが、日本企業のアジアへのアウトバウンド案件が多かったですね。

  3年前に事業会社に移り、現在は昭和電工の戦略企画部で、海外事業展開を加速するために各事業部が行うマーケティングや提携を支援する仕事に加え、新規領域のM&Aを企画部門の立場から積極的に企画、実行しています」

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第7回】資本資産価格モデル(CAPM)、企業の資本政策とMM命題

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第7回】資本資産価格モデル(CAPM)、企業の資本政策とMM命題

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

【第1回】京都銀行 営業本部 M&A推進室

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

【第1回】京都銀行 営業本部 M&A推進室

日本政策投資銀行 企業戦略部

【東芝メモリ】ベインキャピタルの担当者が明かす「買収スキームと成長戦略」

企業研究

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム