レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2019年11月号 301号

(2019/10/15)

M&Aは本当に難しい投資なのか

―M&Aが一般事業投資と比較して難しい投資にみえてしまう3つの理由―

西山 茂(早稲田大学大学院<ビジネススクール> 教授)
 日本企業が関係するM&Aが増加している。レコフデータの調査によると、2013年から2018年にかけて、6年連続で日本企業が関係するM&Aは年間2000件を超えており、2018年は3850件に達している。中でも2018年は日本企業が買い手となるケースが93.3%となっており、これは、多くの日本企業が投資の1つの手段として、M&Aを位置づけるようになってきていることを意味している。一方で、日本企業のM&Aの株主価値の創造に関する研究も過去から行われてきている。例えば、井上・加藤(2006)は、1990年から2002年に日本の上場企業が行ったM&Aである137件をサンプルとして短期株価効果に関する研究を行い、上場企業間のM&Aは、買収企業及びターゲット企業の双方の株主価値の創造につながっているが、創造される価値の大半はターゲット企業の株主が得ている、と述べている。また、松尾・山本(2006)は、1999年から2004年までの日本企業のM&Aを対象とした短期株価効果に関する研究を行い、買収企業、ターゲット企業の双方にプラスの価値が生みだされているが、ターゲット企業に対する価値がより大きいという結論を導いている。このような研究結果をみると、日本企業が買収企業になった場合のM&Aは、株主価値の創造にはつながっているものの、その水準はあまり高くなく、買収企業がM&Aを成功させることのハードルは比較的高いと考えられそうである。

 ただ、自ら事業を立ち上げていく一般事業投資と比較した場合、M&Aは成功のハードルが高い難しい投資なのだろうか。私は、下記の3つの点によってM&Aが必要以上に難しい投資に見えている可能性があるのではないか、と考えている。

 まず、1つ目は投資金額の大きさに関するポイントである。M&Aの場合は、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第2回】 コマーシャルDDとオペレーショナルDD

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

NEW 【第2回】 コマーシャルDDとオペレーショナルDD

高橋 正幸(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション シニアアソシエイト)

<新連載>【第1回】 ビジネスDDの目的と概要

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

<新連載>【第1回】 ビジネスDDの目的と概要

松田 克信(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション パートナー)

【第11回】伊予銀行 コンサルティング営業部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第11回】伊予銀行 コンサルティング営業部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム