レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む ~経済産業省 海外M&A研究会報告書より]

(2018/10/10)

【第10回】行動9 過去の経験の蓄積により「海外M&A巧者」へ / まとめ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)
経験から学ぶ、歴史から学ぶ

  M&A巧者といわれている企業もミクロのレベルでは実は失敗を重ねている。M&Aに長けているといわれる欧米の企業ですら失敗することもある。単純に会社の屋台骨を揺るがすような大惨事になっていないだけで、彼らは失敗から学んでいる。経験から学ぶことが重要なのは言うまでもないが、それを文字に残し、組織として次世代の人に伝えていくことはさらに重要だ。日本の大企業といわれる企業においても、これまではM&Aといえば、必ず特定の人が対応をしている、ということが多かったように思うが、昨今はM&A機会の急激な増加にともなって、専門組織を作り、ノウハウを蓄積していこうという動きが加速している(図表参照)。

(図表)M&A専門組織の設置割合と役割


  M&Aの専門組織をもつ企業の割合は2008年の11%から2017年には46%にも及んでおり、およそ半数の企業ではM&Aの専門組織が存在していることになる。一方で、過去10年でM&Aの成功確率が劇的に上がったかというとそうともいえず、単にハコだけを作って、中身はこれからという状態ともいえる。したがって、論点はまさに如何にして専門組織を活用・機能させるかという点に移ってきている。また、昨今PMIの重要性は認識されつつあるものの、図表からもわかるとおりPMIを行う専門部隊はまだまだ少ない。これは、そもそも案件が少なければPMIまで専門に行う組織は必要ないとの考え方と理解できるが、M&Aといえばターゲット発掘とディールのエグゼキューション中心との認識がまだ根深いとも考えられる。

自らの“型"をもつ

  M&Aの成功は十人十色である。企業によって…


デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

■筆者略歴
汐谷 俊彦(しおたに・としひこ)
コンサルティング会社、事業会社企画部門を経て現職。
日本企業による海外企業買収にかかわるM&A/PMI、日本企業の海外投資/進出に関する経験多数。
M&Aを基点にした企業変革、グローバル戦略、事業再編に強み。その他事業戦略立案などを主に経験。





続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第95回】<特別対談>真山仁 × 山本礼二郎  『ハゲタカ』を語る~日本企業は覚醒できるか?

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第95回】<特別対談>真山仁 × 山本礼二郎  『ハゲタカ』を語る~日本企業は覚醒できるか?

真山 仁(小説家)
山本 礼二郎(インテグラル 代表取締役 パートナー)

「海外M&A研究会」報告書の公表に寄せて

視点・寄稿

[視点]

「海外M&A研究会」報告書の公表に寄せて

玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム