レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む ~経済産業省 海外M&A研究会報告書より]

(2018/06/20)

【第2回】行動1「目指すべき姿」と実現ストーリーの明確化

小高 正裕(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 クロスボーダーM&A担当 パートナー)
M&Aにおける判断軸

  本連載第2回となる今回は、「9つの行動」の1点目にあたる「目指すべき姿と実現ストーリーの明確化」について解説をしていく。前回も述べたように、成長戦略としてまず目指すべき姿(ゴール)を定めて、それを実現するための道筋(ストーリー)を明確に定義することは全てのM&Aにおける起点であり、成否を左右するポイントである。M&Aは目的ではなく手段である、とはよく言われることであるが、多くのケースにおいては目指すべき姿を十分に検討する前に(もしくは目指すべき姿とは関係性の低い)特定のM&A案件が検討の俎上に上るため、手段が目的化してしまうことがしばしば散見される。

(図表1)海外M&Aを経営に活用する9つの行動



  目指すべき姿と実現ストーリーに基づくM&A戦略は、M&Aのターゲティング、デュー・デリジェンス、ディール実行、PMIの全ての局面における判断軸となる。例えば、ターゲティングにおいては、数ある潜在的なM&A候補を選別する基準としてM&A戦略は位置づけられる。適切な選別基準無しにはM&A候補を絞り込むことはできないし、突如持ち込まれた案件に対して取り組むべきか否かの評価を下すことも難しい。

  また、デュー・デリジェンスにおいては、M&A戦略を踏まえて特に深堀りが必要なポイントを…




デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

■筆者略歴
小高 正裕(こたか・まさひろ)
海外企業買収後の統合支援(クロスボーダーPMI)、グローバル・グループ・ガバナンス構築や組織再編など、日本企業のグローバリゼーションを支援するプロジェクトを、消費財、金融、ライフサイエンス、ハイテク、化学、エネルギーなどの業界にて数多く手掛ける。海外企業買収後の業績立て直しや、海外M&A推進能力向上に関するコンサルティングも実施している。
クロスボーダーPMIに関するメディアへの寄稿やセミナーなど多数実施。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム