レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2019年12月号 302号

(2019/11/15)

【ジャフコ】インキュベーション、ベンチャー、バイアウト投資によって企業のあらゆる成長ステージをカバー

南黒沢 晃(パートナー)
南黒沢 晃氏
南黒沢 晃氏
 ジャフコは、1973年に野村證券、日本生命保険、三和銀行(現三菱UFJ銀行)が合同で、株式上場までの企業育成を目的に設立した投資会社としてスタート。87年6月に店頭公開。その後、97年株式会社ジャフコに商号変更し、98年からはベンチャー投資だけでなくバイアウト投資も始め、2001年1月東京証券取引所第1部市場に上場した。

 「17年には野村ホールディングス及び野村総合研究所が保有する全株式(27.8%)を買い取って完全独立系のベンチャーキャピタル&バイアウト投資会社となり、さらに18年3月には運営体制としてパートナーシップモデルを導入した。これは、6人のパートナーがファンドの運用責任を担い、ファンドへの個人出資も行うことで単なる投資家としてではなく、共同創業者という意志を持って投資を行っていくという体制です」と語るのは、パートナーの1人である南黒沢晃(こう)氏。

 南黒沢氏は、千葉大学教育学部を卒業・・・

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

地銀本格再編の台風の目となるか:SBIホールディングスの構想

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW 地銀本格再編の台風の目となるか:SBIホールディングスの構想

マール企業価値研究グループ

エボラブルアジア<6191>、製茶業のひかわを株式交換により完全子会社化

速報・トピックス

【第8回(最終回)】 日本企業が目指すべき方向性

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第8回(最終回)】 日本企業が目指すべき方向性

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム