レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2017年12月号 278号

(2017/11/15)

【アバージェンス】6カ月の期限の中で「定量的な成果」をコミットするコンサルティングのプロフェッショナル集団

 辻田 拓人(ディレクター)
 葛西 幸充(ディレクター)

右から辻田 拓人氏、葛西 幸充氏   アバージェンスは、1946年にアメリカのシカゴにてAlexander Proudfootが設立したコンサルティングファーム(現英国Management Consulting Group PLC)の系譜に連なるメンバーが独立する形で2011年に創業されたコンサルティング会社。

  スタッフは約40人でカスタマーデベロップメント&ソリューションプロポーザル(経営課題に応じたソリューション提案)、ダイアグノスティックス(組織パフォーマンス診断)、コンサルテーション(クライアントの組織変革と成果創出)の3つの機能があり、PMI(Post Merger Integration:M&A成立後の統合プロセス)のコンサルティングにも積極的に取り組んでいる。

「PMIは、企業の営業改革、生産現場改革と同様で、まず我々は対象となる企業に3週間程度常駐し『予備診断』を行います。これは原則無料で行うもので、約2週間でCEOをはじめとする経営幹部やミドル・マネジャーへのインタビューから現場の実態分析までを徹底的に行い、PMIの狙いと対象企業が抱える問題の本質を洗い出し、残りの1週間で問題点をCEOと共有し、変革に向けたグランドデザインを提案します。この予備診断終了後、我々コンサルタントがチームを組んで常駐し、現場のマネジャーやスタッフと対話を繰り返して、目論んだ統合効果の創出に向けて内部からの変革を促していくというプロセスをとっています。これはアバージェンスの1つの特長にもなっています」と語るのは、辻田拓人ディレクター。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

Spotify(スポティファイ)上場にみる音楽市場の変化とその先

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW Spotify(スポティファイ)上場にみる音楽市場の変化とその先

 藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

萩原工業<7856>、合成樹脂製包装資材製造・販売の東洋平成ポリマーを買収

速報・トピックス



M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ
M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム