レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2018年5月号 283号

(2018/04/16)

【ブリッジコンサルティンググループ】

M&Aをステップに成長を続ける“メガ・ベンチャー企業”を総合的に支援

 宮崎 良一(ブリッジコンサルティンググループ 代表取締役CEO)
 稲岡 賢(ブリッジコンサルティンググループ 執行役員 FAS事業部長 公認会計士)

右から宮崎良一代表取締役CEO)、稲岡賢執行役員   “幸せの懸け橋に”というスローガンを掲げ、経営管理に関わる総合的な支援を提供するブリッジコンサルティンググループ。コンサルティング会社を中心に、税理士法人、社労士法人、司法書士事務所など、7つの法人を擁しながら「会計」「税務」「労務」「法務」を主軸とし、そこから派生する財産承継、資産運用、人材提供、およびメディア運用まで、幅広い業務領域をカバーしている。

  2011年の創業からわずか7年の間にクライアント数は1000社を超えるまでに急成長を遂げている同社。上場企業との取引は50社を超えているが、何といっても同社の特徴とも言えるのが、今、もっとも勢いに乗っている、“メガ・ベンチャー”と呼ばれる企業群からの圧倒的な支持を集めているという点にある。

「弊社のメンバーの平均年齢は35歳と、業界の中でも比較的若く、もっとも頭も動くし、手も動く年代であると自負しています。フットワークも軽く、スピード感があるといった強みが、新進気鋭と呼ばれるベンチャー企業の経営者の方々の価値観とマッチしているのでしょう」と語るのは、同社代表取締役CEO/グループ代表である宮崎良一氏。成長意欲の高いクライアントに寄り添いながら、各社の状況や成長フェーズに合わせた的確なアドバイスを実施。“共に成長をしていこう”とする企業姿勢は、同社が提供するM&A支援業務にも如実に表れているといえる。

  実際にM&A事業のリーダーとして現場を取り仕切る同社執行役員/FAS事業部長である稲岡賢氏はこのように語る。

「私たちがご支援をさせていただくベンチャー企業の多くが、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A活用で自動車分野に本格進出する旭化成

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW M&A活用で自動車分野に本格進出する旭化成

マール企業価値研究グループ

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム