レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データで見る]

2018年3月号 281号

(2018/02/15)

2017年のベンチャー企業へのM&A動向

全体動向

  日本企業のイノベーション創出に向けて、ベンチャー企業へのM&Aが活発化している。2017年は880件と、前年の447件からほぼ倍増した。M&A全体の28.9%を占めている(図表1参照)。レコフデータがベンチャー企業へのM&Aの集計を開始した2000年以降で最多を記録。また、2013年の176件以来、5年連続での最多更新となった。さらに、2012年の88件と比較すると、この6年間で10倍に拡大したことになる。

  880件のマーケット別内訳はIN-IN660件、IN-OUT171件、OUT-IN49件で、IN-INが75.0%を占める。前年の319件から倍増した。

  金額も1兆9370億円と、前年の6114億円から3.1倍に拡大し、集計以来、最高となった。マーケット別内訳はIN-IN2036億円、IN-OUT1兆7147億円、OUT-IN187億円で、それぞれ前年比2.0倍、3.3倍、3.9倍に増加した。全体に占めるシェアはIN-OUTが88.0%と圧倒的に多い(図表2参照)。

【図表1】ベンチャー企業へのM&A マーケット別件数の推移 【図表2】ベンチャー企業へのM&A マーケット別金額の推移

  金額上位は1位から14位までIN-OUTの案件で、トップは、ソフトバンクグループによる中国のタクシー配車サービスベンチャー、滴滴出行の持株会社への出資拡大で5500億円(50億米ドル)。2位は同じくソフトバンクグループによる米オフィスシェア大手のウィーワークへの資本参加で3282億6000万円(30億米ドル)。3位は田辺三菱製薬によるイスラエルの中枢神経系治療薬研究開発ベンチャーのニューロダームの買収で1241億円(11億1700万米ドル)。4位はアステラス製薬によるベルギーの創薬ベンチャーのオゲダの買収で最大約956億1600万円(8億ユーロ)、5位はソフトバンク・ビジョン・ファンドによる中国のインターネット保険ベンチャーの衆安保険への資本参加で636億2200万円(約42億9300万香港ドル)と、ソフトバンクグループによるグローバル戦略加速に向けた先端技術投資や大手医薬品メーカーによる医薬品ベンチャーへの投資が上位を占めた(図表3参照)。

  金額上位20のうち、ソフトバンクグループの投資案件が11件も入った。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

[座談会] ベンチャー企業のイグジット戦略~現状と課題

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

[座談会] ベンチャー企業のイグジット戦略~現状と課題

【出席者】(五十音順)
 宇壽山 図南(東京証券取引所 上場推進部課長)
 仮屋薗 聡一(グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長)
 久保田 朋彦(GCA マーケティングオフィサー、アンプリア 代表取締役)
 渡辺 洋行(B Dash Ventures 代表取締役社長)(司会)

大塚製薬、米バイオベンチャーのビステラを買収

速報・トピックス





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム