レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2018年9月号 287号

(2018/08/15)

「アパレル業界のM&A動向(4)」新規事業開発、既存事業改革を推進

 アパレル業界のM&Aは、1-7月期36件と前年同期の26件から38.4%の増加となった。消費者の低価格指向の高まりや主要販路の百貨店で服が売れず厳しい経営環境が続くなか、成長が見込めるEC事業の拡大や海外展開の強化、ベンチャー投資による新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいる。一部報道では、ワールドは2005年にMBOにより非上場化して以来、13年ぶりに再上場する見通し。デジタル技術の進展に伴いネット販売や中古品取引市場も台頭してきており、各社とも新規事業開発、既存事業改革に向け、勝ち残りをかけたM&Aがさらに活発化しそうだ。


2018年1-7月の動き

 1-7月期36件の内訳は

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

美濃窯業<5356>、子会社で建築床材料など製造・販売の美州興産を完全子会社化

速報・トピックス

【第5回】PEファンドが支援する次なる資本政策とPEファンドの活動がもたらす社会的・経済的意義

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 ~PEファンドの役割と企業価値向上の実際~]

【第5回】PEファンドが支援する次なる資本政策とPEファンドの活動がもたらす社会的・経済的意義

 大塚 博行(カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージングディレクター)
 斎藤 玄太(カーライル・ジャパン・エルエルシー ディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム