レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2019年7月号 297号

(2019/06/17)

「日本企業の敵対的M&A動向」34年半で56件。足元で活発化の兆し

 買収側が、被買収側の経営陣の賛同を得ずに経営権の支配を目的として株式買い付けなどを行う「敵対的M&A」は、1985年の集計開始以降2019年5月末までの約34年半で56件あった。56件の内訳は、日本企業または外国企業が日本企業に対して仕掛ける国内案件(IN-INOUT-IN)が50件、日本企業が外国企業に対して仕掛ける海外案件(IN-OUT)が6件。国内案件は、2007年のブルドックソース事件以降、毎年0-2件と停滞していたが、今年は5月までですでに4件と、足元で活発化の兆し。伊藤忠商事によるデサントへの敵対的TOBは成功し、経営トップが交代した。


2019年1-5月の動き

 1-5月期4件のマーケット別内訳は

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

スキルアップ

[【法務】民法改正が事業承継M&Aに与える影響(ソシアス総合法律事務所 高橋・小櫃弁護士)]

NEW 【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

高橋 聖(ソシアス総合法律事務所 パートナー弁護士)
小櫃 吉高(ソシアス総合法律事務所 弁護士)

【第111回】日本政策投資銀行時代のM&Aの現場体験から3冊の本は生まれました

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第111回】日本政策投資銀行時代のM&Aの現場体験から3冊の本は生まれました

山本貴之(株式会社価値総合研究所 前代表取締役社長)

【第5回】 経営インフラとしての内部監査

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第5回】 経営インフラとしての内部監査

関 彩乃(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアコンサルタント)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム