レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2018年7月号 285号

(2018/06/15)

「自動車部品業界のM&A動向」技術開発で異業種連携。再編機運高まる

 自動車部品業界のM&Aは1-5月期27件と、前年同期の14件からほぼ倍増した。買い手(当事者1)は自動車部品会社が23件と8割超を占める。うち、デンソーが8件あった。8件の売り手(当事者2)はいずれも異業種で、連携強化により技術開発を加速させる。自動車メーカーは電気自動車、自動運転など次世代車への対応を急ぐ。これに対し自動車部品業界は事業構造転換が必須で、日産自動車は系列最大手のカルソニックカンセイを投資ファンドに売却した。経営破たんしたタカタは中国企業傘下の米キー・セイフティ・システムズに事業を譲渡しており、徐々に再編機運が高まってきている。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

令和時代に求められるM&A/PMIとは

座談会・インタビュー

[編集長インタビュー]

NEW 令和時代に求められるM&A/PMIとは

松江 英夫(デロイト トーマツ グループ CSO)

【第4回】 事業ポートフォリオマネジメントを支えるコーポレートの在り方と経営インフラ

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第4回】 事業ポートフォリオマネジメントを支えるコーポレートの在り方と経営インフラ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

【第3回】 株式の事前の取りまとめ時における税務上のポイント及び非上場株式の時価の考え方

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第3回】 株式の事前の取りまとめ時における税務上のポイント及び非上場株式の時価の考え方

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム