レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[GLOBAL M&A]

2019年5月号 295号

(2019/04/15)

Global M&A 2019年5月号

スイス製薬大手ロシュ、米遺伝子治療薬メーカー、スパーク・セラピューティクスを買収(SUI/USA)
  スイスの製薬大手ロシュは、遺伝子治療薬の開発を専門とする米スパーク・セラピューティクスを現金43億㌦(約4750億円)で買収する。全株式を取得する。スパークは、血友病や眼科領域等の遺伝子治療薬の開発を手掛け、2017年には同社の「ラクスターナ」が先天性眼疾患に対する遺伝子治療薬として初めて米食品医薬品局(FDA)の承認を得た。また、血友病等の分野でも現在4つの治療薬候補が臨床試験段階にある。遺伝子治療薬は有望な分野とされ欧米や中国で開発が加速している。ロシュはスパーク買収により遺伝子治療薬を強化し、特に血友病治療の分野でのプレゼンス拡大を目指す。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第7回】資本資産価格モデル(CAPM)、企業の資本政策とMM命題

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第7回】資本資産価格モデル(CAPM)、企業の資本政策とMM命題

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

【第3回】阿波銀行 地方創生推進室

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

NEW 【第3回】阿波銀行 地方創生推進室

日本政策投資銀行 企業戦略部

IR・SRのプロが語る、M&Aアクティビズムの最新動向と日本企業への提言

座談会・インタビュー

[編集長インタビュー]

NEW IR・SRのプロが語る、M&Aアクティビズムの最新動向と日本企業への提言

古田 温子(アイ・アール ジャパン 投資銀行第三本部長)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム