レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2018/06/04)

【第92回】【マネックスグループ】松本大CEOが語る「コインチェック買収の次に考えていること」

松本 大(取締役会長兼代表執行役社長CEO)
左から山本 貴之氏、北所 克史氏

「第二の創業」とコインチェック買収

――  マネックスグループは2018年4月6日にコインチェックを買収しました。仮想通貨の評価についてはまだ定まったとは言えません。そうした中で買収を決めたのはなぜですか。

「マネックスグループが仮想通貨事業への参入を目指すのは、仮想通貨の基礎技術である『ブロックチェーン(分散型台帳)』が今後の金融取引を大きく変える可能性を秘めているからです。17年10月に私は『第二の創業』としてブロックチェーンの活用を表明し、18年1月には仮想通貨交換業への参入を念頭に、仮想通貨研究所を設立しました。

  第二の創業のミッションステートメントで、私は次のようにお話しました。

  ビットコインを始めとする仮想通貨、ブロックチェーン、機械学習。テクノロジーの進化は凄まじい速さで起きています。ブロックチェーンを初めとする様々な新しいテクノロジーは、人々の生活のあり方も、それを支えるお金の取引のあり方も、大きく変えつつあります。かつてインターネットの出現が、世界の人々の生活を大きく変革し、また資本市場のあり方や銀行・証券などの金融仲介業者のあり方も大きく変えたように、ブロックチェーン並びにその他新テクノロジーは、これからの資本市場や金融仲介業者のあり方に大きな影響を及ぼしていくだろうと考えています。

  マネックスは、『MONEYのYをXに進め、新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインして提供する』ことを企業理念として創業しました。その時我々は、インターネットの波に乗ってビジネスを構成しようと考えたのではなく、インターネットを利用した変化を自ら創出し、それらを合わせて変化をうねりとし、資本市場のあり方、証券会社のあり方を、自らが主体となって大きく改革していくことを目的としました。実際、資本市場と証券会社のあり方は、我々の存在と活動によって、大きな変革を経ることとなったことはご存知の通りです。

  今、マネックスは…

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

第136回 石油元売り業界 相次ぐ大型経営統合の背景と、今後問われる経営者の資質

マーケット動向

ソフトバンクグループ、ヤフー<4689>にTOBを実施

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW ソフトバンクグループ、ヤフー<4689>にTOBを実施





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム