レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2019/06/26)

IoT、グローバル事業の拡大に突き進む日立製作所

マール企業価値研究グループ

  日立製作所といえば、2000年代に入ってから、顕著な事業の選択と集中を実施してきた重電・総合電機企業として注目される。たとえば2010年には日立マクセルや日立情報システムズを完全子会社化してグループ内に取り込むことが発表される一方、16~18年度にかけては日立物流、日立キャピタルや日立工機といった非中核事業子会社を売却、資産効率の向上を図ってきた。2000年代初期の同社の業績は振るわなかったが、それに08年のリーマンショックが追い打ちをかけ、08年度には国内製造業で過去最大となる8000億円近い最終赤字を計上した(当時)。この2000年代の苦境をきっかけに同社は情報通信と社会インフラを中心とするビジネスモデルに一大転換する決断を下したわけだ。

  その決意は最新の中期経営計画(19年5月発表)にも引き継がれている。その中では5つある成長分野(モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、IT)について、インダストリーやIT分野を重点投資分野と定め、エネルギー分野については既に買収したパワーグリッド(電気の送配電)事業(後述)についてその成果を具現化させるとしている。

  いずれの分野でもIoTを念頭に置いたソリューションを顧客に提供するとしているが、その際の重要なプラットフォームになるのが…


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

<新連載>【第1回】 カーブアウトM&Aのコーポレートガバナンス上の重要性とスタンドアロンイシュー

スキルアップ

[【法務】カーブアウトM&A の実務と課題(柴田・鈴木・中田法律事務所 柴田堅太郎・中田裕人弁護士)]

NEW <新連載>【第1回】 カーブアウトM&Aのコーポレートガバナンス上の重要性とスタンドアロンイシュー

柴田 堅太郎(柴田・鈴木・中田法律事務所 パートナー弁護士)

株主還元関連議案の株主提案

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

NEW 株主還元関連議案の株主提案

小川 周哉(TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)
吉井 翔吾(TMI総合法律事務所 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム