レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2020年7月号 309号

(2020/06/15)

第183回 広告・メディア業界~既存メディアのデジタル進出で変わる業界地図

板垣 利治(レコフ 企画管理部)
1.インターネット広告の伸長

 2019年は広告・メディア業界において大きな転換点となった。電通が発表した「2019年 日本の広告費」によると、インターネット広告費が6 年連続で2 桁成長の2兆1042億円となり、2兆円の大台を突破するとともに、テレビメディア広告費1兆8612億円を初めて超えたのだ(図表1)。一方で、新聞広告費、雑誌広告費、ラジオ広告費はすべてで前年割れ。これらにテレビメディア広告費を含めたいわゆる「マスコミ四媒体広告費」も5年連続で減少となった(図表2)。すでに2018年の同発表でテレビ広告費とインターネット広告費は同水準あり、インターネット広告費がいずれ逆転するのは既定路線ではあったが、それでもやはり既存メディアとネット媒体双方でこのニュースは驚きをもって迎えられた。


2.既存メディアのインターネットへの進出

 一方で注目したいのが、インターネット広告費の内訳に、前年より新設された「マスコミ四媒体由来のデジタル広告費」という項目である。これは

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【カーライル山田代表が語る】パラダイムシフト迫られる日本企業と“ジャパンファンド”の投資戦略

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【カーライル山田代表が語る】パラダイムシフト迫られる日本企業と“ジャパンファンド”の投資戦略

山田 和広(カーライル・ジャパン・エルエルシー 日本代表兼マネージングディレクター)

コロナ禍で異例ずくめの定時株主総会を総まとめ

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム