レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2017/11/01)

投資ファンド運営のニューホライズンキャピタルの社長に藤堂一俊氏が就任

  投資ファンド運営のニューホライズンキャピタル(NHC)は、11月1日付けで藤堂一俊氏が社長に就任、安東泰志取締役会長兼社長は取締役会長に専念する。

  藤堂氏は、東京大学法学部卒業を卒業し、1981年三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。88年通商産業省に出向し、通商産業研究所(現経済産業研究所)の設立・運営に従事。その後、香港にて調査部駐在員事務所長並びに香港支店日系企業担当課長を務め、帰国後は国際資金為替部にて東京銀行との合併業務等に従事した後、審査部門次長、神田支店長、金融法人部副部長、阿倍野橋支社長等を経て2007年八重洲通支社長に就任。法人業務部の副部長としては同行の法人取引推進業務を統括。多岐にわたる業種の国内大企業並びに中堅中小企業に幅広い知見を有するとともに、金融法人部時代に培った人脈から全国の地方銀行にもネットワークを有する。10年より6年間エレクトロニクス関連企業に在籍、代表取締役専務として主に管理部門を統括。16年6月、NHC相談役に就任、併せて2017年9月末まで株式会社まぐまぐ代表取締役会長を務めていた。

  NHCは、成長支援、産業再編、事業再生のプロを多数擁する独立系PEファンド。02年2月に創業した前身の…


ニューホライズン キャピタル株式会社

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ
M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム