レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々]

2019年7月号 297号

(2019/06/17)

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第1回)

第1章「海外子会社のガバナンス改革編」

伊藤 爵宏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)

【登場人物】

サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 部長
堀越 一郎
サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 次長
木村 遼太
Sakura Asia Pacific Planning Group Manager
中田 優紀
 サクラ電機の木村遼太は、本社の経営企画部へ配属された。
 経営企画部での最初のミッションは、地域統括会社が主導する東南アジア子会社のガバナンス改革プロジェクトの立ち上げを本社の立場から支援することだった。
 これは、あるコーポレートの経営企画部次長が、様々なコーポレートアジェンダに携わり、そして経営と現場の間で葛藤しながら、自社におけるグローバル経営の在り方を模索するストーリーである。



第1話「最初のミッション」

予期せぬ窮地

 サクラ電機の東南アジア地域統括会社であるSakura Asia Pacificのオフィスは、シンガポールのチャンギ国際空港からほど近い場所に所在している。その一角にある大会議室で、サクラ電機本社の経営企画部次長である木村遼太は、思わぬ状況に追い詰められていた。
 長方形に連ねられた長机には、サクラ電機の東南アジア子会社の社長たちが座し、木村を取り囲んでいる。皆厳しい面持ちで木村に視線を投げかけ、次に木村が発する言葉を値踏みする構えを見せている。そして、木村の横では、Sakura Asia Pacificの企画担当マネジャーである中田優紀が、困り果てた表情でうつむいている。大会議室はジャケットを着ていないと寒いくらい冷房が強く効いているはずだが、木村は自らの額に汗が浮かんでいるのを感じていた。
 なぜ、このような状況に至ったのか。木村は気持ちを落ち着けるため、周囲に気づかれないようにこっそりと深呼吸をして、その経緯を頭の中で反芻し始めた。

本社への配属

 木村が本社経営企画部へ配属になったのは、ほんの2週間ほどの前のことである。経営企画部で海外事業担当を増員することになり、木村のかつての上司であり、現在は経営企画部の部長である堀越一郎が木村を「一本釣り」する形で異動となった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ドラッグ業界再編の可能性高めるココカラファイン、マツキヨ統合の動き

速報・トピックス

「しまむら」の急失速をもたらした2つの失策 ~ 空間価値の再創造でしまパトを呼び戻せ

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

「しまむら」の急失速をもたらした2つの失策 ~ 空間価値の再創造でしまパトを呼び戻せ

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム