M&A専門誌マール

2012年9月号 215号 : 寄稿・寄稿フォーラム

汚職行為によるリスクとアウトバウンドM&A --日本企業が知っておくべきこと 有料記事です

スティーブン・J・デコセ(ジョーンズ・デイ法律事務所 パートナー)※

アウトバウンドM&A取引を行う日本企業は、外国における違法な汚職行為によって引き起こされるリスクを認識し、さらに、当該リスクを評価し、最小化するためにデュー・ディリジェンスを行うことが賢明です。
過去2年間において、米国海外汚職行為防止法(「FCPA」)違反を解決するため、日本企業が複数の事件に関して米国政府に罰金として支払った総額は、3億ドル以上にのぼっています。2011年現在、FCPA違反による罰金額上位10件のうち9件の当事者に、外国企業が含まれています。このうち10件目の当事者に日本のエンジニアリング会社が含まれており、同社は、2011年に、2億ドルを上回る額の罰金を支払うことを同意しました。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
法制度 , 裁判 , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
日本企業のM&A分析ツール|レコフM&Aデータベース|日本企業のM&Aデータを5万件超を収録|日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツール
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

編集部から|次号予告、編集後記など
M&Aアンケート

「MARR2016」(M&Aレポート2016)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop