M&A専門誌マール

2014年2月特大号 232号 : M&Aの現場から

【ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン】 「結果主義」を基本理念とする世界有数の戦略コンサルティングファーム

 奥野 慎太郎(パートナー)

奥野 慎太郎氏   ベイン・アンド・カンパニーは、1973年米国ボストンに創設された。現在世界32カ国に50拠点のネットワークを展開し、5700人のスタッフを抱える世界有数の戦略コンサルティングファームである。

  ちなみに、2006年に日本オフィスを開設した世界的なプライベート・エクイティ(PE)ファンドであるベインキャピタル(Bain Capital LLC)は、84年にベイン・アンド・カンパニーのシニアパートナーらによって設立されたが、現在ベイン・アンド・カンパニーとの法的・資本的な関係はない。

  「ベイン・アンド・カンパニーのパートナーはそれぞれが専門領域を持っております。東京オフィスでは、私と東京オフィス代表の火浦(ひうら)俊彦・マネージング ディレクターがM&Aを担当しております。M&Aの案件は上流のストラテジー立案のケースもあれば売却のプロジェクトもありますから、M&Aのタイプと対象企業が属する業界に応じてグローバルなスタッフを含めて適宜チームを組成しています。特にPEファンドのクライアント専用の部隊として“プライベート・エクイティグループ”が東京だけではなくて世界の各オフィスにあります」と語るのは、パートナーの奥野慎太郎氏。

  奥野氏は1976年4月生まれ。京都大学経済学部を99年に卒業して東海旅客鉄道(JR東海)に入社。新規事業開発に携わったのち03年にベイン・アンド・カンパニーに転じ、09年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院経営学修士課程(MBA)修了。現在ベイン・アンド・カンパニーのM&Aプラクティス、戦略プラクティスおよびテクノロジー&テレコム・プラクティスのメンバーを務める。
  

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
グローバル化 , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
日本企業のM&A分析ツール|レコフM&Aデータベース|日本企業のM&Aデータを5万件超を収録|日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツール
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

編集部から|次号予告、編集後記など
M&Aアンケート

「MARR2016」(M&Aレポート2016)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop