レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と会計・税務・財務]

2018年4月号 282号

(2018/03/15)

第130回 東南アジアに進出する日本企業が直面する不正リスクとその対応

 吉川 英一(PwCタイ シニアマネジャー)

1. はじめに

  東南アジア諸国(ASEAN5<注1>)における日本企業の対外直接投資額は、2014年以降減少傾向にあるものの、直近2017年を国別で見るとタイ、インドネシアやベトナムでは回復基調であり(注2)、東南アジア諸国が日本企業にとって引き続き重要な投資先であることが見て取れる。将来的にも米国を除くTPP(環太平洋経済連携協定)の発効や、インドネシアやフィリピンでの人口増加による内需拡大等から、東南アジア地域へのさらなる対外投資も増加するだろうと予測される。

地域別・日本の対外直接投資(国際収支ベース、ネット、フロー)

  特に、タイは、日本企業による対外直接投資額が2016年から2017年にかけて約19%伸びており、また、タイ対内直接投資総額の47%である1330億バーツ(4667億円(注3))を日本企業が占めている(注4)ことからも、日本企業の経済的存在感は依然として大きいことが分かる。さらには、タイ政府による新たな経済政策の「Thailand 4.0」では、その一環として新たなターゲット産業が育成されることが決定し、その実現のために敷かれた「東部経済回路(EEC)」の指定や過去最大の投資奨励制度の発効等からも、日本からのタイへの直接投資額は2018年以降も成長を続けると考えられる。

  日本企業が東南アジア諸国に対して、継続的に投資する一方で、多くの企業が直面する課題の一つに不正リスクというものがある。筆者の2016年1月号の前回記事(注5)では、「東南アジア企業への投資におけるリスクと対応」と題してアジアへの投資時に発生しうるリスクを主に汚職・贈収賄という視点から解説した。本記事では東南アジアで事業を展開する企業が直面している不正の現状および、その不正に立ち向かうための心構え並びに対応について解説する。

2. 東南アジア諸国における不正の現状

  PwCが2016年に発表した「PwC世界経済犯罪実態調査2016」によると、26%の回答者が過去2年以内に東南アジア諸国(注6)で不正が発生したと回答した。本調査は回答者数ベースであるため一概には言えないものの、約4社に1社の割合で何らかの不正が発覚していることになる。

  不正の種類としては、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

第120回 医薬品業界~欧米におけるグローバル再編の進展

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第120回 医薬品業界~欧米におけるグローバル再編の進展

 澤田 英之(レコフ リサーチ部長)





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム