レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と会計・税務・財務]

2009年1月号 171号

(2008/12/15)

第19 回 企業結合会計のコンバージェンスとM&Aにおける無形資産の識別

PwCアドバイザリー株式会社マネージングディレクター 織田耕二
会計基準のコンバージェンスにおいて、M&Aを対象とする企業結合会計は主要なプロジェクト項目の一つとなっている。
日本の会計基準においても、IFRS(国際財務報告基準)や米国財務会計基準と同様に、2010年4月以降、M&Aにおいて取得した無形資産をのれんとは別に識別し、時価(公正価値)にて資産計上することが要求される見通しである。
2008年1月に企業結合会計を改訂し、実務においても先行するIFRSにおける無形資産の識別について解説するとともに、日本企業のM&A実務に対する影響を考察する。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

<新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

スキルアップ

[【法務】Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流]

NEW <新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

森 幹晴(東京国際法律事務所 代表パートナー 弁護士・NY州弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム