レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2015年7月号 249号(2015/06/15発売)

特集:
地方創生とM&A

GDPの7割、雇用の8割を支える地域型産業の活性化による「地方創生」はアベノミクスの肝と言えます。地方活性化には、中堅中小企業の生産性の向上、すなわち「稼ぐ力」を高める経営が不可欠で、そのためには円滑な新陳代謝(M&A)が重要です。本特集「地方創生とM&A」では、経営共創基盤CEOの冨山和彦氏に地方再生のあるべき姿とM&Aについて編集長インタビューで語っていただいたほか、地方創生の現場で経営改革と価値創造に取り組まれている、みちのりホールディングスの松本順社長、ニューホライズンキャピタルの安東泰志社長とたち吉の渡邊信夫社長、ドーガンの森大介社長に、それぞれインタビューした。日本企業による海外M&A(IN-OUT)が注目を浴びる中、地方活性化におけるM&Aによる経営改革の重要性に改めて光を当てたい。

 冨山 和彦(経営共創基盤(IGPI) 代表取締役CEO)

 松本 順(みちのりホールディングス 代表取締役、経営共創基盤(IGPI) 代表取締役マネージングディレクター)

 森 大介(ドーガン 代表取締役)

ニューホライズンキャピタル――老舗陶器メーカー・たち吉の再生に挑む

座談会・インタビュー

 安東 泰志(ニューホライズンキャピタル株式会社 取締役会長兼社長)
 渡邊 信夫(株式会社たち吉 代表取締役社長)

今月のコンテンツ

「桃の天然水」サントリーへ、IN-OUTは小休止

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

「桃の天然水」サントリーへ、IN-OUTは小休止

GLOBAL M&A 2015年7月号

マーケット動向

[GLOBAL M&A]

GLOBAL M&A 2015年7月号

会社はどこまで株主を選べるか?

視点・寄稿

第79回 PMI再考:海外買収先のグループ統合(下)

M&A戦略・実務

ベンチャー企業による資金調達

M&A戦略・実務

第97回 M&Aを敗者のゲームとしないために

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第97回 M&Aを敗者のゲームとしないために

第125回 出版業界――市場の縮小が業界再編と新事業勃興の原動力となる

マーケット動向

第3回 『金型』

M&A戦略・実務

[【小説】新興市場M&Aの現実と成功戦略]

第3回 『金型』

今月の一冊 『東京劣化』

スキルアップ

次号予告と編集後記(2015年7月号)

その他

刊行一覧 2015年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2019年刊行一覧
  2. 2018年刊行一覧
  3. 2017年刊行一覧
  4. 2016年刊行一覧
  5. 2015年刊行一覧
  6. 2014年刊行一覧
  7. 2013年刊行一覧
  8. 2012年刊行一覧
  9. 2011年刊行一覧
  10. 2010年刊行一覧
  11. 2009年刊行一覧
  12. 2008年刊行一覧
  13. 2007年刊行一覧
  14. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム