レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールM&Aセミナー]

(2018/12/06)

第24回マールM&Aセミナー(NERAエコノミックコンサルティング 石垣浩晶氏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第24回 独禁法上のM&A規制・審査の最新動向と留意点
~国内案件及び欧米クロスボーダー案件を検討する際に必要な規制リスク評価と審査対応のベストプラクティス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■講演者:石垣 浩晶 氏(NERAエコノミックコンサルティング 東京事務所代表)
 
 ■日 時:

2018年12月6日(木) 17時30分~19時30分 
 

 ■概 要:

独占禁止法上のM&A規制に対する最新動向の知識は、事業会社のM&A担当者やその他M&Aに関わる実務家にとって必須のものとなりつつあります。独禁法上のM&A規制は、M&A計画そのものの中止やM&A計画の一部変更を意味するほどのリスクを与える可能性があるからです。M&A担当者や実務家は、規制の可能性に注意しながらM&A戦略の構築を行い、必要に応じて審査・規制対応の方針を案件の初期段階から検討していく必要があります。

実際、国内では市場の成熟化に伴う事業再編としてのM&Aが規制の対象となることは珍しくありません。例えば、2018年に判断が示されたふくおかフィナンシャルグループと十八銀行の統合や2017年日立金属による三徳の株式取得などは、一定の問題解消措置が前提となってM&Aが認められています。クリアランスを得るためには、M&A計画の注意深い設計や当局に対する適切な説明が必要です。世界的な関心としては、経済のデジタル化に伴い、GAFAと呼ばれるような巨大プラットフォーマーによるM&Aを通じたデータや技術の独占の可能性について競争当局は強い関心を示しています。デジタル経済の分野でも急速な寡占化が進みつつ有り、独禁法規制がM&A計画の大きなハードルとなる可能性は大きいものと言えます。

そこで、本セミナーでは、日本及び欧米の著名・最新事例を取り上げながら、M&Aに関わる独禁法規制・審査の概要や最新動向、M&Aの独禁法上の規制リスクの考え方、特にシリアスな企業結合審査が行われる場合における対応方針のヒントについて解説いたします。

■いしがき・ひろあき
立命館大学経済学部准教授、公取委企業結合調査官主査等を経て、NERAエコノミックコンサルティングに入社。現在、東京事務所代表/マネジングディレクター。独禁法/知財/金融・証券/商事紛争/価値評価/エネルギー等に関わる紛争・訴訟・規制対応支援や価値/損害/リスク評価を提供している。独占禁止法上の企業結合規制の分野では、公取委で企業結合審査の実務を経験したのち、NERAにおいて客観的な経済分析に基づき、第二次審査・国際案件を含む数多くの企業結合審査を支援してきた経験を有している。2014年には「企業結合規制の経済分析」をNERAエコノミストと共著で出版するなど、数多くの論文も発表している。青山学院大学国際政治経済学部卒、筑波大学経済学修士、米国パデュー大学経済学博士。

[参考記事]
デジタル経済における独禁法上のM&A規制リスク [2018年10月号]
[座談会] 専門家が語る独占禁止法審査の実際 [2013年5月]

 
 ■参加費:・有料会員様(※)  3000円(税込)
・無料会員様  8000円

※M&A専門誌「マール」購読者様(A/B/C/EXコース)、レコフM&Aデータベースご利用者

 
 ■定 員:30名
 
 ■会 場:株式会社レコフデータ セミナールーム 
東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル9F(地図はこちら
 


 

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】  クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

スキルアップ

[【PMI】 攻めのPMI -企業価値最大化の契機としてのM&A(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第3回】 クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー)
加藤 千尋(マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー)

三井物産<8031>、ベトナム海老生産加工事業会社ミンフー・シーフード社に出資

速報・トピックス

【第4回】割引率、資本コストと期待収益率

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第4回】割引率、資本コストと期待収益率

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

M&A専門誌 マール最新号

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム