レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールM&Aセミナー]

(2017/11/14)

第19回マールM&Aセミナー(クロール 村崎直子氏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第19回 海外M&Aに伴う非財務リスクを見極める
              ~不正防止のための留意点~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■講演者: 村崎 直子 氏(クロール マネージング・ディレクター 日本支社代表)
 
 ■日 時:

2017年11月14日(火)17時30分~19時30分 
 

 ■概 要:

日本企業による海外M&Aは着実に増加傾向にある一方、事前のデューディリジェンスの不足やPMI段階での対応不足などにより、買収後に汚職や架空取引などの不祥事に巻き込まれたり、隠れたリスクの顕在化により悩まされるケースも散見されます。今回のセミナーでは、事前のデューディリジェンスで非財務リスクを事前に見極め、リスクの高いディールを未然に防いだ事例や、逆に不完全なデューディリジェンスやPMIにより買収後に不祥事に巻き込まれた事例を通じて海外M&Aに当たり考えるべき非財務リスクについて解説します。

■むらさき・なおこ
1995年京都大学法学部卒業、99年から2年間ハーバード大学ジョン・F・ケネディ公共政策大学院修士課程修了。警察庁に入り、静岡県警捜査第二課長、兵庫県警外事課長を歴任。外務省出向時には拉致問題を始めとする北朝鮮外交に従事。その後、2008年ベイン・アンド・カンパニー・ジャパンを経て、10年クロール日本支社に入社。15年から現職。

[参考記事]
 海外M&Aで重要度高まる候補先企業の非財務的リスク調査 [Webインタビュー]
 

 ■参加費: 有料会員様(※)  2000円(税込)
無料会員様           6000円(税込)
※M&A専門誌「マール」購読者様(A/B/C/EXコース)、レコフM&Aデータベースご利用者
 
 ■定 員: 30名
 
 ■会 場: 株式会社レコフデータ セミナールーム 
東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル9F(地図はこちら
 


 

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】  クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

スキルアップ

[【PMI】 攻めのPMI -企業価値最大化の契機としてのM&A(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第3回】 クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー)
加藤 千尋(マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー)

レカム<3323>、新株式・新株予約権付社債・新株予約権の発行条件等を決定

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム