レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールM&Aセミナー]

(2018/04/25)

第21回マールM&Aセミナー(デロイト トーマツ コンサルティング 神山友佑氏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第21回 PMIの成功確率を高める
                ~持続的なM&Aのための、PMIケイパビリティの組織的開発~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■講演者:神山 友佑 氏(デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 パートナー)
 
 ■日 時:

2018年4月25日(水) 17時30分~19時30分 
 

 ■概 要:

日本企業の成長戦略において、M&Aという実行手段は欠くことのできない重要なピースとなりました。多くの企業では大小様々な複数のM&A案件が常に動いており、事業側もコーポレート側も、多くの手間とコストを費やしながらディールやPMIの対応に追われています。一方で「自社のM&Aはうまく行った」という声はほとんど聞かれません。実際、減損などマーケットから失敗と捉えられるM&Aも多く発生しています。
本セミナーでは成功・失敗の両事例を振り返りながら、M&Aを成立(=契約締結)から成功(=M&A目的の実現)に導くために必要な構成要素を解き明かします。そして持続的・連続的なM&Aを支え、成功確率を高める「PMIケイパビリティ」をいかにして自社組織的に構築していくかについて、事例を交えながらご紹介いたします。

■かみやま・ゆうすけ
M&AをはじめとするSeparation(分離) & Integration(統合)の専門家として、構想策定から実務設計までの諸課題全体を取りまとめる。M&A/組織再編前後の事業戦略・計画のシミュレーション、機能分離・統合の効果測定、人材リストラクチャリング、統合実務など、組織戦略に関わるプロジェクトを多く手がける。「マール(MARR)」に連載執筆中。

[参考記事]
 M&Aストーリー [新興市場M&Aの現実と成功戦略]
 

 ■参加費:有料会員様(※)  2000円(税込)
※M&A専門誌「マール」購読者様(A/B/C/EXコース)、レコフM&Aデータベースご利用者
 
 ■定 員:30名 

 ■会 場:株式会社レコフデータ セミナールーム 
東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル9F(地図はこちら
 


 

バックナンバー

おすすめ記事

【第2回】北洋銀行 ソリューション部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

NEW 【第2回】北洋銀行 ソリューション部

日本政策投資銀行 企業戦略部

シダックス<4837>、ユニゾン・キャピタルと資本業務提携

速報・トピックス

三井物産<8031>、ベトナム海老生産加工事業会社ミンフー・シーフード社に出資

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム