[M&Aスクランブル]

(2022/11/11)

事業会社でのM&A経験によって得られるものは何か

株式会社レコフデータ M&Aフォーラム 人材育成塾 企画チーム
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
<目次>
  1. はじめに
  2. M&A経験によって獲得する物の見方(例)
    企業・事業を俯瞰して見る
  3. さいごに

1. はじめに

 これまで我々M&Aフォーラム 人材育成塾 企画チームは、M&Aを学ぶ際の注意点やコツなどを述べてきました(過去の記事はこちらをご覧ください)。

 今回のテーマは、「事業会社でのM&A経験によって得られるものは何か」です。「M&A経験によって得られるものは、M&Aスキルである」というのは同語反復です。

 ここでは、「M&Aを経験することで、こういう物の見方ができるようになるのではないか」ということを述べていきます。もちろん人それぞれ得るものは違います。正解はありませんが、こうすると上手く整理できる、ということについて言及します。

 M&Aプロジェクトが急に開始された、異動でM&A担当部署に配属された、将来の役立つスキルとしてM&Aを学びたい、人事研修で組み込まれている――等々、M&Aを学ぶ理由は様々です。

 しかし、少し経つと、一人一人の個人にとっては、M&Aスキルは単なる手段であって、実務経験を積んだ結果として、何が得られるかが重要になっていきます。

 この点について、以下、Q&A形式で簡単に述べていきます。

 なお、事業会社にとってのM&Aは、取引(投資)-PMI・バリューアップ-事業ポートフォリオ維持・EXIT(売却)という、一連の行為として定義します。狭義のM&A取引だけではない点をご留意ください。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事