[M&Aの現場から]

2022年1月号 327号

(2021/12/09)

【JR東日本スタートアップ】ベンチャー企業とともに未来をつくる。駅と鉄道をインキュベート拠点に。

柴田 裕(代表取締役社長)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
柴田 裕氏

柴田 裕氏

 JR東日本スタートアップは、2018年2月、オープンイノベーションによる共創活動を加速するため、ベンチャー企業に対する出資および協業推進を行うことを目的に東日本旅客鉄道100%出資によるCVC(Corporate Venture Capital)として設立された。東日本旅客鉄道によるファンド出資枠は50億円。

 「JR東日本グループは2018年7月、『ヒト』を起点として“信頼”と“豊かさ”という価値を将来にわたって創造し続ける企業グループへの変革を目指すというグループ経営ビジョン『変革2027』打ち出しました。その中で『オープンイノベーション』を大きく掲げ、積極的に社外と連携していくことを宣言しています。JR東日本スタートアップはそれに先駆けて設立されました。しかも、『社外』の中でもJRとはとびきりかけ離れたベンチャー企業との連携を進めていくことを目的に、最も尖がった存在としてオープンイノベーションの舞台に投入されました。

 実は、2017年4月から『JR 東日本スタートアッププログラム』を通じて、ベンチャー企業等との共創活動をスタートさせています。これは、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事