レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[お知らせ]

(2019/08/23)

【重要】M&A専門誌「MARR(マール)」Aコース・EXコースの料金改定、消費税率引き上げに伴う全コース料金改定について

平素はM&A専門誌「MARR(マール)」をご愛読賜り、誠にありがとうございます。

この度、M&A専門誌「MARR(マール)」Aコース・EXコースの料金を改定するとともに、消費税率引き上げに伴う全コース料金改定について、お知らせ申し上げます。

この度、毎月、雑誌形態でお手元にお届けするA コース・ EX コースの料金を下記のとおり改定させていただきます。それぞれ年間 4,777円(税別)、 6,000円(税別)の値上げとなります。これまで記事・データの充実、サービス向上に努めると共に、内部努力によるコスト削減に努めて参りましたが、昨今の日本の M&A 件数の増加等に伴う製作コスト増により、現行の料金維持は難しいとの判断に至りました。皆様のご理解を賜りたく何卒宜しくお願い申し上げます。なお、2019 年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられるため、全てのコースに対して新税率(10%)を適用させていただきます。


 

◇新料金表

  


◇料金改定日

 新規お申込の場合:2019年10月1日より
 ご契約更新の場合:2019 年10月1日更新(更新開始月号 2019 年 11 月号)より
 


本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
マールオンラインお客様係 : 03-3221-4942 (担当:丸山、早坂)
マールオンラインお問合せページ

M&A専門誌「MARR(マール)」は、ご愛読の皆様のお蔭をもちまして2019年1月に発刊24周年を迎えることができました。編集部一同は、今後とも信頼性の高いデータベースを構築し、そこで培った知見を生かした情報を発信し、今まで以上にM&A市場の発展に寄与していく所存です。引き続きご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

バックナンバー

おすすめ記事

【第119回】コロナ禍の中堅・中小企業への資本注入プロセスについて

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第119回】コロナ禍の中堅・中小企業への資本注入プロセスについて

安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)

[座談会]新型コロナ禍を踏まえたグローバルリスク・危機管理対応の実際とあるべき姿

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

[座談会]新型コロナ禍を踏まえたグローバルリスク・危機管理対応の実際とあるべき姿

【出席者(五十音順)】
池島 勝利(マーシュブローカージャパン マネージングディレクター)
佐々木 清隆(一橋大学大学院経営管理研究科 客員教授)
野尻 明裕(ボックスグローバル・ジャパン 代表取締役社長)
村崎 直子(クロールインターナショナル シニアアドバイザー、ノブリジア代表取締役)(司会)

支配権争奪戦とM&A指針

視点・寄稿

[視点]

支配権争奪戦とM&A指針

石綿 学(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム