M&A専門誌マール

2015年10月号 252号 : マールインタビュー

No.179 組織再編成税制の生みの親が租税回避の実務と理論に警鐘ならす 有料記事です

 朝長 英樹(日本税制研究所代表理事、朝長英樹税理士事務所所長)

朝長 英樹(日本税制研究所代表理事、朝長英樹税理士事務所所長)

<目次>

[1] ヤフー・IDCF事件の意義

孫社長も堂々と対応


-- 先生は組織再編成税制の生みの親であり、組織再編を巡る租税回避に当たるか否かが争われたヤフー・IDCF事件の一審、二審で国側勝訴の原動力になられました。この事件をどう受け止めておられますか。

「組織再編成税制を創設するに当たり、租税回避に備えて、個別防止規定に加え包括的防止規定(法人税法132条の2)を設けました。いずれ必ず同条の適用事例が出てくるはずだとみていました。創設から10年余をへて、ヤフー・IDCF事件が起き、同条の適用が妥当か否かが大きな話題になり、世間の注目を浴びました。幸い、両社には正々堂々と対応していただき、東京地裁の裁判官も熱心に取り組んでいただいたようです。おかげで論点が明確になり、充実した審理が行われ、裁判所の適切な判断が下されたと思っています。私は国から依頼を受け、助言を行い鑑定意見書を提出したのですが、同条を巡る初めての事件がこのような経緯で判決に至ったことは非常に良かったと考えています」

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
会計税務 , 人(インタビュー) , 裁判 , 川端久雄

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop