企業価値評価・DD

企業価値評価・DD
第2部 「エグゼキューション」

2015年08月19日(水)
第2部 「エグゼキューション」 第6回「デュー・デリジェンス」

 長谷山 京佑(プライスウォーターハウスクーパース マーバルパートナーズ(現PwCアドバイザリー合同会社) シニアアソシエイト)
1.DDとは  M&A入門連載第6回目のテーマは、デュー・デリジェンス(Due Diligence、以下「DD」と呼ぶ)です。DDとは、M&Aの際、対象企業(事業)の経営実態、事業の状況等を事前に精査する一連の作業のことを指します。  DDでは、財務・税務、法務、ビジネスなど、多岐にわたる領域を1ヶ月から2ヶ月という短期間で検証しますので、DD実務自体は、極限の環境下での作業になります。また各領域のDD実務は、専門的な知識を必要としますので、実際には、会計士、弁護士、コンサルタントなど(彼らを総称して「DDアドバイザー」と呼びます)の専門家を動員して現場の作業は進められます。  本稿では、このようなDDにおいて買い手はどのような点に留意してDDを進めれば良いのか、前半では実際にあった失敗談を3つ紹介します。後半ではこのような失敗に陥らないための対処法を解説します。さらに今回はエグゼキューションの最終回(当連載自体はあと3回続きます)ですので、今後日本企業に取り組んで頂きたい新たな切り口の2つのDDについて最後にご紹介します。 2.M&Aにまつわる3つの失敗談 失敗談①:作業に忙殺されて優先順位がつけらなくなった  DDを受けるのは対象会社ですから、DDが始まると対象会社が非常に多忙になることは想像に難くないですが、一方で、買い手もDD期間中、膨大な作業に追われます。DD実務の多くは、DDアドバイザーに任せるにしても、対象会社のマネジメント・インタビューの準備、工場などの現地視察、資料依頼、各アドバイザーとの調整などは買い手が主導することになります。DDアドバイザーだけでも通常3社以上入ってきますし、彼らからの依頼を受けて細やかな段取りを必要とする作業に追われていると、・・・   ■ プライスウォーターハウスクーパース マーバルパートナーズ株式会社 ■筆者経歴 長谷山京佑 (はせやま きょうすけ) プライスウォーターハウスクーパース マーバルパートナーズ株式会社、シニアアソシエイト。東北大学経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科 修士課程修了後、アビームM&Aコンサルティング株式会社(現プライスウォーターハウスクーパース マーバルパートナーズ株式会社)に入社。主に企業価値算定、ビジネス・デューデリジェンス、フィナンシャルアドバイザリー業務、等に従事。    

[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop