M&A専門誌マール

2018年01月12日(金)

業界動向アーカイブ

敵対的M&A特集

掲載記事を「キーワード」をもとに収集、整理しています。今回は「敵対的M&A特集」です。


[2017年10月号 276号 : M&A戦略と法務]
敵対的株主提案と議案の両立性判断-取締役選任議案を題材に
小川 周哉(TMI総合法律事務所 弁護士)

[2017年07月05日(水):M&Aスクランブル]
ソレキアのTOB合戦の「勝者」に課された課題

[2017年02月03日(金):M&Aスクランブル]
[M&Aデータ (敵対的TOB)] フリージア・マクロスの佐々木ベジ会長、電子部品商社のソレキアにTOBを実施

[2016年5月号:マール座談会]
日本のガバナンス改革の進展と戦略的企業買収の行方――王子製紙事件から10年、提案型TOBはどうなるのか
【出席者】
田中 亘(東京大学 教授)
ニコラス・ベネシュ(公益社団法人役員育成機構 代表理事、在日米国商工会議所成長戦略タスクフォース 委員長)
川村 尚永(経済産業省 経済産業政策局 産業組織課長)
 

[2016年5月号 259号 : 寄稿・寄稿フォーラム]
アクティビストが主導する最新アメリカM&Aトレンド ― ペップ・ボーイズを巡るアイカーンとブリヂストンの攻防劇 ―

[2016年5月号 259号 : 寄稿・寄稿フォーラム]
コーポレート・ガバナンス改革とこれからの敵対的買収 
牛島 信(牛島総合法律事務所 弁護士、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク 理事長)

[2015年9月号 251号:視点]
野蛮な来訪者は何時来るか
長谷川 克之(みずほ総合研究所 調査本部 本部長代理 兼 市場調査部長)

[2015年5月号:マール座談会]
敵対的企業買収の到達点と今後の課題 ― 企業価値報告書、買収防衛策指針から10年、日本が進むべき道
【出席者】
神田 秀樹(東京大学 教授)
岩倉 正和(西村あさひ法律事務所 弁護士、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授)
石綿 学(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

[2015年03月11日(水):M&Aスクランブル]
エフィッシモによる敵対的TOBとスチュワードシップ・コード

[2015年02月10日(火):M&Aスクランブル]
エフィッシモがセゾン情報システムズに対するTOBを開始(2月10日)、27.71%から33.0%へ

[2015年3月号 245号 : 対談・座談会]
アクティビズムとショートターミズム ―ガバナンス・コード/スチュワードシップ・コードの時代における日本企業の対応―
池田 祐久(シャーマン アンド スターリング外国法事務弁護士事務所 マネージング・パートナー外国法事務弁護士)
上田 亮子(日本投資環境研究所 主任研究員)
浦野 大介(CFA 日本投資環境研究所 コンサルティング第1部長)
武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)
 

[2014年10月号 240号 : マールインタビュー]
国際税務から敵対的TOBまでM&Aの最前線を駆け巡る
太田 洋(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士、東京大学大学院 法学政治学研究科 教授)

[2013年06月20日(木):M&Aスクランブル]
[M&Aデータ]サーベラスによる西武HDへの敵対的TOB

[2013年06月12日(水):M&Aスクランブル]
”西武 vs サーベラス”余話 ~オリンパスの特設注意市場銘柄の指定解除に思う~

[2013年5月号 223号 : 書評]
今月の一冊 『企業買収と防衛策』田中 亘 著/商事法務 


[M&Aスクランブル : 2013年04月24日(水)]
買収防衛策の導入状況~導入社数が減少するなか、注目される大量買付事例の動き~

[2013年01月22日(火):M&Aスクランブル]
[M&Aデータ]アコーディア・ゴルフを巡るPGMと投資会社レノの動き

[2013年1月号 219号 : マールインタビュー]
No.152 法務アドバイザーとして日本のM&Aの歴史に多くの足跡を刻む
岩倉 正和(西村あさひ法律事務所メンバー・パートナー弁護士/一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授)

[2012年6月号 212号 : マールインタビュー]
No.145 独立系ファンドとして原理原則を貫き、「敵対的」買収から逃げずに進む
青松 英男(DRCキャピタル 社長)

 

 

========================================
[2011年8月号 202号]特集『日本企業による米国での敵対的TOBと株主対策』

[データで見る]
日本企業の敵対的M&A動向

[寄稿]
米国の上場企業に対する日本企業による敵対的株式公開買付け
モリソン・フォースター パートナー・ニューヨーク州弁護士 マイケル・ブラウン

[寄稿]
米国企業を対象とした株式公開買付けの実践的局面
~インフォメーション・エージェントの役割
ジョージソン(Georgeson, Inc.)社長 デビッド・ドレイク(David Drake)
日本語版監修:日本シェアホルダーサービス(JSS)常務執行役員 今出 達也

[マールレポート]
アステラス製薬 独自の成長戦略実現を図り米国OSI社の非友好的買収を断行

 

========================================
[2011年07月20日(水):M&Aトピックス]
敵対的買収を成功させるには
 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
業界動向

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop