• ホーム
  • マールレポート ~企業ケーススタディ~

M&A専門誌マール

2014年4月号 234号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

ポリマテック・グループ:CITICの支援を得て、民事再生からアジアを軸とした新たな成長を目指して再スタート 有料記事です

偏った事業ポートフォリオが落とし穴に

(左から)小林進太郎氏、山﨑潤氏    ポリマテックが民事再生法適用を申請したのは、2012年7月30日のことだった。精密機器やポータブル機器に欠かせない防振ゴム、放熱シート、コネクタ等を独自のポリマー素材技術で開発・製造するメーカーとして知られていた。負債総額は約204億円に上ったが、同年12月、中国系プライベート・エクイティ・ファンドである「シティック・キャピタル・パートナーズ」(以下CITIC)がスポンサーとなり、ポリマテックは、健全な事業のみを継続した新会社である「ポリマテック・ジャパン(及び、一部を除く海外拠点)」と清算目的会社旧ポリマテックに分割し、ポリマテック・ジャパンが主要事業を引き継ぐ形で新たなスタートを切った。

  同社の設立は1947年。「富士ゴム」の社名で電気製品などのゴム部品商社としてスタートした。その後、製造部門も持つようになり、技術を重視した商品開発型の企業へと脱皮。電卓・リモコンの接点ゴムや、パソコン及び携帯電話用部品で売り上げを伸ばし、80年代後半からは国内工場(福島、栃木)以外に、海外4工場(マレーシア、タイ、インドネシア、上海、インド)を次々に建設、ピーク時の08年12月期には売上高344億3600万円を計上するまでに業容を拡大した。

  そのポリマテックがなぜ民事再生法適用を申請するまでに追い込まれたのか。そこには、同社の業績を急転させた事業ポートフォリオ上の大きな陥穽があった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
アジア , 企業研究 , 投資ファンド , 事業再生

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop