編集部から

ピックアップ

2017年4月号 270号
次号予告と編集後記(2017年4月号)

次号予告 2017年5月号 特集:「ビジネスデューデリジェンスの実際」        2017年4月17日発売予定 ※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。 編集後記 ■海外企業買収がいかに難しいか。東芝のウエスチングハウス(WH)買収もその代表的事例となりそうです。多額の減損に至った契機は、WHが15年12月に原子力建設・サービスの米・CB&Iストーン・アンド・ウェブスター社(S&W)を買収したことにあるようですが、WHとS&Wがどうなっているのか、いまだによく分からないなど、WHへのガバナンスの欠陥がことの本質との指摘が多いようです。WH買収は2006年。戦略は明確で、原発部門のグローバルでの飛躍的拡大。GEや三菱重工業など日米4社と競合するなど、ディール成約優先となったであろうことは想像に難くありません。買った後の経営がもっと大事ですが、世界一の原子力メーカーを自負するWHから見れば、上から目線。東芝も任せるしかないという状況だったと思われます。「どこを押さえて、どこを任せるか」。大型海外買収が本格化し始めた06年当時は、バブルの処理も終わって、さあ海外へという時期でもあり、海外M&Aにおけるガバナンスの重要性の認識や実践経験・スキルのレベルは、企業によってまだら模様であったと記憶します。とはいえ、「高すぎた授業料」では済みません。買った後が大事だと改めて思い知らされます。(朱鷺) ■豪華な船旅から都内バスツアーまで載っている旅行会社のパンフレット。申し込まないくせにいつも楽しく眺めています。 今日の旅行業の発祥は18世紀末の英国だとか。産業革命下の当時、低賃金を強いられた労働者の間ではアルコール度数の高いジンが流行し、深刻な社会問題に発展。これに対し、禁酒運動が始まっていました。この活動に熱心だったトーマス・クックは参加者を増やすため飲酒に代わる娯楽を提供しようとある企画を立てます。これが団体旅行の始まりと言われる「貸切列車で行く昼食付イベント盛りだくさん禁酒大会へのおでかけ」で、参加者はなんと570人。その後もクックは大好評を博したこの格安日帰り旅を禁酒運動の一環として何度も開催、旅のプランナー兼コンダクターとして腕を磨きます。1845年に初めて事業として旅を企画、成功させると51年のロンドン万国博へは16万人を動員したそうです。 次期オリンピック会場にも選ばれ、観光立国を目指す日本。クック曰く、旅によって遠隔地の人々との友好が深まれば世界平和に貢献できる、と。テロに対する安全対策は万全を期すべきですが、訪れる人々を温かく迎える国でありたいと思います。(本)

■好評受付中! 第16回マールM&Aセミナー|2017年4月20日(木)開催|企業再生成功の秘訣 ~東ハト、ヨウジヤマモト社の事例から~
■相続と事業承継M&A -成功と失敗の分水嶺|株式会社レコフ|2017年4月18日(火)開催
日本企業のM&A戦略分析ツール|レコフM&Aデータベース|無料トライアル|日本企業のM&Aデータを5万件超を収録|日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツール

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。
レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2016」(M&Aレポート2016)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop