レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/09/01)

カーライル・グループ、シニア・アドバイザーに程 近智(ほど ちかとも)氏就任

 カーライル・ジャパンのシニア・アドバイザーに、程 近智(ほど ちかとも)氏が9月1日付で就任した。程氏は、テクノロジー、通信/メディア(TMT)セクターを中心にカーライルの新たな投資機会の発掘や、評価を含めた投資活動全般についての助言を行う予定。

 カーライル・ジャパンは、日本における中核産業分野の投資先企業を支援するシニア・アドバイザーとオペレーティング・エグゼクティブのチームを擁している。今回の程氏の就任により、同チームは12人体制となり、今後も拡大していく予定だ。

 程氏は、アクセンチュアに1982年に入社以来、複数の要職を歴任し、2006年~15年に代表取締役社長、15年~17年に取締役会長、17年~18年に取締役相談役、18年~21年には相談役を務めた。通信、ハイテク、製造、流通などの幅広い業界で数多くのプロジェクトに携わり、日本におけるアクセンチュアの総責任者として事業を牽引した。また、日本政府(内閣府、経済産業省、文部科学省)をはじめとする公的機関でのアドバイザリー業務や、17年~21年には経済同友会の副代表幹事を務めた経験もある。

 米カーライル・グループは、グローバルに展開する投資会社で「グローバル・プライベート・エクイティ」「グローバル・クレジット」「インベストメント・ソリューションズ」の3つの分野で投資活動を展開している。2021年6月末時点の運用資産は総額2760億ドル。現在、世界5大陸の27拠点に1800人以上の社員を擁している。


バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[特集インタビュー]

NEW 「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

谷田川 英治(KKRジャパン プライベート・エクイティ パートナー)

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム