レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む ~経済産業省 海外M&A研究会報告書より]

(2018/07/18)

【第4回】行動3 入念な準備に「時間をかける」

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)
  M&Aを考える際に、まず陥りがちな思考は、「M&Aに失敗するのは、そもそも相手との交渉に負けて高値掴みさせられているからだ」⇒「だったら、どうすれば交渉に勝つことができるのか?」といった発想である。

  しかし、M&Aは交渉術に長けたインベストメントバンカーと、名うての弁護士にお願いすれば大丈夫、といった、そんな単純で甘いものではない。交渉に勝つ・負けるといったパワーゲームをしたところでM&Aの成功が保証されるわけではないからだ。もちろんうまく交渉することによってM&Aの成功確率を高めることができるといったことは否定しないが、「そもそもM&Aのうち交渉は一部である」ということを認識することが重要である。

さて、みなさんはM&Aの準備にどれだけの時間をかけているだろうか?

シンプルクエスチョンとして、2つのことを振り返ってみるとよいだろう。

  1. いつから対象会社のことを知っていたか
  2. 対象会社の一次情報を相当程度、入手できているか
    (競合企業で元従業員が自社にいる、業界内で社長同士が知り合い、昔からの取引先である等)

  スピード感を持って意思決定をし、経営を進めていかなければこのグローバル競争の時代に生き残れないという中で、「M&Aの検討にそんなに長い時間をかけられるのか」といった意見もあるが、意思決定はスピーディに行うにしても、その質の良し悪しは事前準備にかかっていると言っても過言ではない。平静からの事前準備・検討がないままにM&Aの意思決定を行うことは拙速になりがちで、規模の大小もさることながら、その意思決定が与える影響とリスクを十分に踏まえた検討が前提になる。“この案件は30年に一度のゲームチェンジのチャンスであり、これを逃すとわが社は永遠にグローバル競争から取り残される"といったある種の恐怖感、追い詰められた状態で乾坤一擲とばかりに行ったM&Aで失敗した事例は枚挙に遑がない。このような精神状態のときに目先に良さそうな案件が転がってくると、ついつい飛びついてしまい、買収は実行するものの(多少、価格が跳ね上がることに目をつぶれば買収することはできる)、本当の試練は買収後にやってきて、あとで減損の痛い目を見るというのが典型的な失敗パターンである(しかもその時に買収当時の責任者はすでにいないケースが多い)。

  そういった意味においても…



デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

■筆者略歴
汐谷 俊彦(しおたに・としひこ)
コンサルティング会社、事業会社企画部門を経て現職。
日本企業による海外企業買収にかかわるM&A/PMI、日本企業の海外投資/進出に関する経験多数。
M&Aを基点にした企業変革、グローバル戦略、事業再編に強み。その他事業戦略立案などを主に経験。



続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

石田 雅彦(DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 コーポレート部門代表パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
Danish Hamid(ダニッシュ・ハミド: DLA Piper ワシントンDCオフィスパートナー)
(協力:丸山 翔太郎 [DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 アソシエイト 弁護士] )


M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム