[M&A関連本紹介]

(2022/04/18)

パナソニック覚醒 愛着心と危機感が生む変革のマネジメント

樋口 泰行 /著
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
著者名:樋口 泰行
出版社名:日経BP
定価:1,980円
発行日:2022年4月18日
サイズ:四六判 256頁
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
「パナソニックはもっと変わらなければいけない」――。
「こんな要請を受けて、25年ぶりに古巣へ出戻った樋口泰行パナソニック コネクト社長が、組織をどう変革してきたのか、その取り組みを42項目にわたって明らかにしました。
・旗印と戦略を鮮明にする
・変革推進室や改革本部を作っただけではダメ
・画一的な「服装」は、発想を画一的にする
・わかりにくいところにチャンスがある
・戦略的なシフトを強く意識する
・ポートフォリオマネジメントから逃げない ・V字回復にだまされない             など
パナソニック コネクトが社内外から「まったく別の会社になった」「変われなかった会社が変われた」と評価されるのはなぜなのか。さらに、約8630億円という巨額のブルーヨンダー買収、松下電器の聖地「岡山工場」閉鎖の決断、ダイバーシティをはじめとする社員満足度向上など、現場で何が起きていたのか。すべてを語ります。

※下記商品紹介ページより引用
日経BP
https://bookplus.nikkei.com/atcl/catalog/22/04/12/00085/

バックナンバー

おすすめ記事

アクセスランキング