レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[藤原裕之の金融・経済レポート]

(2020/01/22)

「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)
2020年2月期は一転減益に

 「熱烈中華食堂 日高屋」を展開するハイデイ日高の業績がさえない。2020年2月期の単独税引き利益は前期比15%減の26億円と、一転減益になる見通し。減益になるのは03年2月期以来、17年ぶりだ。

 業績低迷の背景として、消費増税後も一部商品の税込み価格を据え置いたこと、値下げキャンペーンの実施、需要飽和説など様々な要因が指摘されているが、中でも大きく取り上げられているのが「ちょい飲み需要の減少」だ。日高屋はここ数年、サラリーマンが帰宅前にアルコールとつまみを楽しむちょい飲み需要で売り上げを伸ばしてきたが、19年4月より適用開始になった働き方改革でブレーキがかかった格好だ。当初は帰宅時間が早まることでちょい飲み需要が増えるとの見方もあったが、残業代の減少で懐事情が苦しくなったことによる影響が強く、ちょい飲みせず直帰する会社員が多かったようだ。

 ちょい飲み需要の減少自体は外部要因であり、サラリーマンの懐事情が回復すれば自ずと需要も戻ってくるはずである。しかし問題の根幹が日高屋のメニューや料理の味付けなどにあるのであれば話は別だ。日高屋のコア競争力に死角はないか、以下で検証してみよう。

図表1 日高屋の売上・客数伸び率(既存店)

業績低迷はちょい飲み需要の減少だけでない

 ちょい飲み需要は本当に減少しているのか。まずはここから点検してみよう。家計調査の日次データから勤労者世帯の平日と土日祝日の飲酒代(外飲み)をみると、たしかに平日の飲酒代は昨年3月頃から減少傾向が出ている(図表2)。特に6月は長雨と台風の影響で外飲み需要は大きく低下したとみられる。一方、土日祝日の飲酒代は平日とは反対に増加している。会社帰りのちょい飲みは減っても、土日祝日は家族や友人らと飲みに出かける人が多かったようだ。駅前の出店が多い日高屋にとって平日の需要減はダメージが大きい。

 ちょい飲み需要の減少は確認できたが、ここで注目すべき点がある。図表2をみると、平日の飲酒代の減少傾向は3月~8月頃までであり、その後は増加に転じている。増加したのが「ちょい飲み」であるかどうかはわからないが、昨年後半から外飲み需要が持ち直してきたのは明らかだ。そこで先の日高屋の売上のグラフ(図表1)をみてほしい。年後半になっても日高屋の売上は戻っていないのが…


■藤原 裕之(ふじわら ひろゆき)

略歴:
弘前大学人文学部経済学科卒。国際投信委託株式会社(現 三菱UFJ国際投信株式会社)、ベリング・ポイント株式会社、PwCアドバイザリー株式会社を経て、2008年10月より一般社団法人 日本リサーチ総合研究所 主任研究員。専門は、リスクマネジメント、企業金融、消費分析、等。日本リアルオプション学会所属。

※詳しい経歴・実績はこちら
※お問い合わせ先:hiroyuki.fujiwara@research-soken.or.jp

 

 



続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第2回】 コマーシャルDDとオペレーショナルDD

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

NEW 【第2回】 コマーシャルDDとオペレーショナルDD

高橋 正幸(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション シニアアソシエイト)

【第11回】伊予銀行 コンサルティング営業部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第11回】伊予銀行 コンサルティング営業部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム