レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/09/16)

M&A支援機関の登録制度、登録状況の中間結果を公表

 中小企業庁は2021年9月13日、M&A支援機関登録制度の登録状況について、9月6日時点までに登録されたファイナンシャル・アドバイザー(FA)および仲介業者を公表した。登録制度の登録申請受付期間は9月21日までとなっており、登録要件の確認できたM&A支援機関について、最終結果として9月下旬に公表される予定である。

 今回公表された中間結果によると、9月6日までに登録されたFAおよび仲介業者は493件であり、このうち法人が405件と8割強を占め、個人事業主が2割弱の88件となっている。また、M&A支援機関の種類別では、M&A専門業者の仲介が154件、FAが117件と半数強をM&A専門業者が占めている。このほか税理士61件(12.4%)、公認会計士43件(8.7%)、地方銀行26件(5.3%)と続いている。

 なお、M&A支援業務の専従者数では、「0~2人」が294件と約6割を占めており、小規模のM&A支援機関が中心となっている。

 また、設立年代別では、「2010年代」が252件で半数を占め、設立から2年未満の「2020年代」も156件と3割強を占めるなど、登録事業者の多くが近年に設立されていることが見て取れる。

 今後の予定としては、登録申請受付の最終日である9月21日まで受け付け、登録要件の確認できたものについて、9月下旬ごろに登録状況が公表される予定だ。また、登録されたFAや仲介業者の検索が可能なデータベースについても10月上中旬頃を目途に公表する予定となっている。

■ 中小企業庁 M&A支援機関登録制度に係る登録ファイナンシャルアドバイザー及び仲介業者の公表(中間結果)について

関連記事

速報・トピックス

2021年08月24日(火)

[M&Aトピックス]

経済産業省・中小企業庁、M&A支援機関の登録制度の申請受付を開始

座談会・インタビュー

2021年06月01日(火)

[Webインタビュー]

【第128回】M&A支援機関に登録制度を導入する理由 ~担当課長が語る、今後5年間に官民で取り組むべき『中小M&A推進計画』とは

日原 正視(経済産業省中小企業庁 事業環境部 財務課長)

バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[特集インタビュー]

NEW 「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

谷田川 英治(KKRジャパン プライベート・エクイティ パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム