[セミナー・イベント]

(2021/11/15)

第47回 東南アジアのスタートアップ動向とリスク管理 ――現地専門家が語る投資・協業を成功に導くポイント

22/1/19(水)15:30~開催

クロール・シンガポール支社 坂出國雄氏 川端隆史氏

  お申し込みはこちら

セミナー概要

シンガポール拠点のリスク管理専門家が見る、現地スタートアップ投資機会とリスク管理のポイントを解説。

東南アジアでは、Grabに代表されるようにスタートアップが急成長し、大企業との連携も増え、ビジネスから日常生活に至るまで大きな変化が起きている。コロナ禍にも関わらず、2021年上半期には計44億ドルの資金調達が実施され、日本の3835億円を上回り、領域も従来のB to CからB to Bへと広がっています。前半では川端氏より、日本企業のビジネス機会という視点から、注目すべきスタートアップやセクターなどについて解説します。

・コロナ渦での東南アジア・スタートアップ環境
・注目すべきセクター、スタートアップ
・日本企業にとっての投資機会とは

高い成長性が期待される一方で、いわゆる実績ベースでの判断が難しく、成熟企業、大企業とは異なるリスクを念頭に置いておく必要があります。後半では坂出氏より、スタートアップ企業調査の経験から、以下の4つのリスク要因を解説します。

・規制リスク
・政治リスク
・創業者リスク
・ステークホルダーリスク

■参考記事
【M&Aスクランブル】新型コロナウイルスが突き付けた“不確実性のマネジメント”(2020/03/12)
【座談会】 海外M&Aに伴う不正リスクの予防と対応の実際(2018年4月号)

講演者

坂出 國雄 氏(クロール・シンガポール支社 マネジングディレクター ジャパンデスク代表)
クロール・シンガポール「ジャパンデスク」責任者。外資系クレジットカード会社にて、盗難や偽造を中心としたカード犯罪事案調査とと予防活動に従事。米国コロンビア大学国際関係修士号取得後、2003年にクロール日本支社入社。2015年1月にクロール・シンガポール支社を拠点とする「ジャパンデスク」を設立。2016年マネジング・ディレクターに就任。現在、東南アジア、南アジア、豪州に展開する日本企業向けのリスク管理を支援している。Certified Fraud Examiner (公認不正検査士) 取得。

川端 隆史 氏(クロール・シンガポール支社 ジャパンデスク シニア・バイスプレジデント)
現在、東南アジア企業に対するデューデリジェンスやアジアの地政学リスク調査などを手がける。外務省(99ー10年)、SMBC日興証券(10-15年)、NewsPicks/ユーザベース(15-20年)、20年より現職。Fintech Festival Singapore,、Tech in Asia Singapore、 Ignite Manila等の東南アジアの主要テックイベントへの登壇経験、東南アジアのスタートアップに関するメディア記事執筆経験あり。栃木県出身、東京外国語大学東南アジア課程卒。

開催概要

テーマ東南アジアのスタートアップ動向とリスク管理
――現地専門家が語る投資・協業を成功に導くポイント
開催日時2022年1月19日(水)15時30分~17時00分
参加費
(税込)
無料会員様25,300円
有料会員様(M&A専門誌「マール」購読者)・A/B/EXコース8,800円
・Cコース16,500円
有料会員様(レコフM&Aデータベースご契約者)8,800円

有料会員の方はセミナーを特別価格で受講できます。

会員登録はこちら

定 員

50名(先着順)

※同業他社様からのお申込みは、ご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
※申込者本人のみのご参加に限らせていただきます。他にもご参加を希望される方がいらっしゃる場合、おひとり様ずつお申込みをお願いいたします。
※お申込多数の場合は、IDごとにご参加の人数を制限させていただく場合がございます。
※お申込み確認後、弊社担当者よりご連絡させていただきます。メールが届かない場合は、お手数ですが弊社までお問合せください。

開催形式

オンラインセミナー
※配信ツールは「Zoom」を使用いたします。

※参加申込規定はこちら

お申し込みはこちら

お問い合わせ

電話番号03-3221-4942
メールアドレスma_seminar@recofdata.co.jp
フォームお問い合わせフォーム