• ホーム
  • データファイル [注目企業のM&A戦略を追う]

M&A専門誌マール

2015年07月29日(水)

データファイル [注目企業のM&A戦略を追う]

セコム ~M&Aにより築きあげた「社会システム産業」をグローバル展開へ~

1.はじめに

 警備保障最大手のセコムの業績が堅調である。前期実績(2015年3月期)は売上高前期比2.2%増の8407億円、当期純利益は同7.9%増の753億円と過去最高となった(図表1参照)。2016年3月期もこれを更新し、売上高は8660億円、前期比3.0%増、また、当期純利益は802億円、前期比6.4%増加になる見込みである。これが実現すれば純利益については4期連続で最高益を更新することになる。

 「セコムしてますか」のキャッチコピーが有名であり、警備会社としての印象の強いセコムだが、セグメント別の売上構成比は「セキュリティサービス」は56%となっており、残りは「防災」14%、「メディカルサービス」7%、「地理情報サービス」、「情報通信」、「不動産・その他」各6%、「保険」4%で構成されている。

 日本警備保障として1962年に設立された同社は、当初、警備員による巡回・常駐警備を行っていたが、1966年、オンライン・セキュリティシステム「SPアラーム」を開発し、機械警備によるサービスを開始した。これが普及していく中で同社は、1989年に「社会システム産業」の構築への取り組みを宣言した。「社会システム産業」とはセキュリティで培った安全のネットワークをベースに、安心で便利で、快適なサービスシステムを創造し、これらを統合・融合化して新しい社会システムづくりに取り組む産業のことである。

 さらに、2010年には「社会システム産業」の構築を加速するために「ALL SECOM」を宣言。以来、グループの総合力を最大限に発揮し、「セキュリティ」「超高齢社会」「災害・BCP(事業継続計画)・環境」を切り口に、ビッグデータを有効活用することによるサービスの創出を目指している。

 こうしてみると、確かに・・・

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
業界動向 , グローバル化 , 企業研究

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop