レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aアンケート]

(2017/05/17)

M&Aアンケート2017

2016年のM&A総括、2017年の動向予想などに関するアンケート調査

MARR2017(M&Aレポート2017)より抜粋

1.2016年の総括
 (1) 2016年、印象に残った案件とその理由
 (2) M&Aを経営戦略としてうまく活用していると思われる事業会社とその理由
 (3) 2016年、M&Aを動かしたトピックス
 (4) 2016年、M&Aを停滞させたトピックス

2.2017年の動向予想
 (1) M&A件数
 (2) 活発化すると予想される業界
 (3) 2017年、M&Aを動かすと予想されるトピックス
 (4) 2017年、M&Aを停滞させると予想されるトピックス
 
3.日本企業のグループ経営に関する意見
 (1) 国内外でM&Aを実施した後、グループ経営を上手く行っていると思われる日本企業
 (2) グループ経営を上手く行うことができた理由
 
4.コーポレートガナンス・コード、スチュワード・シップコードの普及・定着が日本企業のM&Aに与える影響


※Aコース会員・EXコース会員限定のコンテンツです。 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は、Aコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

石田 雅彦(DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 コーポレート部門代表パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
Danish Hamid(ダニッシュ・ハミド: DLA Piper ワシントンDCオフィスパートナー)
(協力:丸山 翔太郎 [DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 アソシエイト 弁護士] )

未来型スーパーは消費者の多面性にどう応えていくのか

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 未来型スーパーは消費者の多面性にどう応えていくのか

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム