レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2021年11月号 325号(2021/10/15発売)

特集:
KKR「アジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略

KKRは2021年4月、アジア太平洋(APAC)地域におけるプライベート・エクイティ(PE)投資に注力するアジア・ファンド4号を総額150億ドル(約1兆6500億円)で設立した。KKRは、プライベート・エクイティをはじめ、エネルギー、インフラ、不動産、クレジット、ヘッジファンドを含む様々な資産クラスの運用を行っている世界有数の投資会社で運用資産は2520億ドル(2020年12月31日現在)にのぼる。
 PEファンドが関与することで、投資先企業にとって望ましいパートナーシップの条件を実現できるケースが日本でも増えてきている。KKRは、2014年にパナソニックの子会社パナソニックヘルスケア(現PHCホールディングス)に投資したのをはじめ、2015年パイオニアのDJ機器開発部門であるPioneer DJ(現Alpha Theta)に投資、2017年には日産自動車系列の大手部品メーカーのカルソニックカンセイ(現マレリ)、日立工機(現工機ホールディングス)、さらに日立製作所および日本産業パートナーズと協働して日立国際電気を買収、2020年には米ウォルマート傘下にあったスーパーの西友に対して楽天グループと共同で出資を決めるなど、日本でも多数の投資実績を持つ。
 新型コロナウイルス禍を経験する中で、日本企業は経営戦略の練り直しを余儀なくされており、今後も大型の事業売却案件が増えると予測されている。そこで本号では、KKRジャパンの谷田川英治プライベート・エクイティ パートナーに日本の投資環境の見通しとアジア4号ファンドの投資戦略、PEファンドの役割について特集インタビューで聞いた。

「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

座談会・インタビュー

谷田川 英治(KKRジャパン プライベート・エクイティ パートナー)

今月のコンテンツ

9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

「会社補償」活用のすすめ

視点・寄稿

丸の内キャピタルと組んで再成長を目指す高品質スーパー「三浦屋」の今後

企業研究

第6回 変革を目的としたディール推進・PMI

M&A戦略・実務

[企業変革手段としてのM&Aの新潮流]

第6回 変革を目的としたディール推進・PMI

第11回 グローバルHRプラットフォーム

M&A戦略・実務

[ニューノーマル時代の日本企業M&Aの指針]

第11回 グローバルHRプラットフォーム

第199回 繊維業界~M&Aによって変貌を遂げてきた老舗の繊維会社(下)

マーケット動向

2021年9月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2021年9月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2021年11月号)

その他

統計(表とグラフ)

グラフ&データ

[統計(表とグラフ)]

統計(表とグラフ)

ファンドデータ

グラフ&データ

[ファンドデータ]

ファンドデータ

公表アドバイザー情報

グラフ&データ

[公表アドバイザー情報]

公表アドバイザー情報

刊行一覧 2021年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2021年刊行一覧
  2. 2020年刊行一覧
  3. 2019年刊行一覧
  4. 2018年刊行一覧
  5. 2017年刊行一覧
  6. 2016年刊行一覧
  7. 2015年刊行一覧
  8. 2014年刊行一覧
  9. 2013年刊行一覧
  10. 2012年刊行一覧
  11. 2011年刊行一覧
  12. 2010年刊行一覧
  13. 2009年刊行一覧
  14. 2008年刊行一覧
  15. 2007年刊行一覧
  16. 2006年刊行一覧
  17. 2022年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム