M&A戦略・実務

M&A戦略と会計・税務・財務

PwCの執筆陣による、M&A会計・税務講座です。国債会計基準(IFRS)の導入が大きな課題となるなど、M&Aの意思決定や実務に大きな影響を及ぼす会計・税務の動向から目をはなせません。

第203回 ESGへの取り組みの企業価値への影響:2023年のデータに基づく考察

2024年8月号 358号

第202回 国際環境の変化と国際税務の動向

2024年7月号 357号

第201回 地政学リスクと対外投資における税務上の留意点

2024年6月号 356号

M&A戦略と法務

TMI総合法律事務所の執筆陣による連載コーナーです。M&Aは法律の塊。M&Aに関連するトピカルな法律問題を取り上げ、分かりやすく解説するとともに、M&A戦略・実務の視点から重要な示唆を与えます。

非公開化事案における公正性担保措置の傾向と分析

2024年8月号 358号

M&Aに関する個人情報保護法上の留意点

2024年7月号 357号

医療・介護業界のM&Aにおける業界動向を踏まえた実務上の留意点

2024年6月号 356号

ポストM&A戦略

マーサージャパンの執筆陣による、M&A統合マネジメント(PMI)に関する連載です。M&Aが経営の手段として定着した今、経営の視点は、統合効果をいかに効率的に生み出すことが出来るか、という点に移っています。幅広い実例から、そのエッセンスを伝えます。

第120回(最終回) 統合しないM&A

2018年12月号 290号

第119回 M&A成功への執着

2018年11月号 289号

第118回 片寄せ統合に見る統合の本質と課題

2018年10月号 288号

ニューノーマル時代の日本企業M&Aの指針

マーサージャパンの執筆陣による連載です。コロナ禍により日本の低成長・低生産性の問題が「待ったなし」となる中、日本企業のM&Aを俯瞰すると、組織体制・プロセス、グローバルマネジメントや組織能力等の問題が浮かび上がります。今連載では、M&Aの成功確率を高めるために、適切な視座、最新の視野、実務の取り組みを、事例を交えてご紹介します。

第12回(最終回) グローバルベネフィットガバナンス

2021年12月号 326号

第11回 グローバルHRプラットフォーム

2021年11月号 325号

第10回 グローバルHRオペレーション

2021年10月号 324号

企業変革手段としてのM&Aの新潮流

デロイト トーマツ コンサルティングの執筆陣による連載です。昨今、業種を問わず、事業環境を根本的に改変してしまうような社会トレンドが加速度的に進展しています。企業体・事業体としての変革が待ったなしの状況の中、新しいM&A によって変革を実現している、最先端のアプローチ・事例をご紹介します。

第7回(最終回)継続的な変革を支える基盤としてのグループ経営体制・ガバナンス

2021年12月号 326号

第6回 変革を目的としたディール推進・PMI

2021年11月号 325号

第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

2021年10月号 324号

日本M&A市場 大変革の時代

日本のM&A市場の好調は、今後も持続していく。この連載では、M&A市場の「エコシステム」の現状とトレンド、そしてそこから抽出される日本企業にとっての意味合いを多角的に論じる。「アウトバウンドM&A」、「同意なき買収・MBO」、「アクティビズム」「PEファンド」「スタートアップ/VC」の5つの論点について取り上げる。

第3回 株主のエンゲージメントによるM&A加速

2024年07月04日(木)

第2回 国内M&Aにおける「同意なき買収」とMBOの意義

2024年06月13日(木)

第1回 アウトバウンドM&Aに伸長の兆し

2024年05月23日(木)

企業変革手段としてのM&Aの新潮流 Season2

デロイト トーマツ コンサルティングの執筆陣による連載です。前連載では、伝統的なM&Aとは異なる新しいM&A・アライアンスによる変革のポイント・事例をご紹介しました。本連載では、特に昨今経営者の課題認識が色濃いDX/GXに焦点を当て、ケーススタディを軸に、変革実現に向けてどのようにM&A・アライアンスを活用できるかを深掘りします。

第7回(最終回):M&A・アライアンスによるグリーントランスフォーメーション(GX)の実現

2023年1月号 339号

第6回:M&Aで実現するESG - ESG戦略を自社の競争優位性に結び付けるためのM&A実行方法とは

2022年12月号 338号

第5回 出資やJVによる異業種連携など、企業間エコシステム形成による社会課題への取り組み

2022年11月号 337号

企業変革手段としてのM&Aの新潮流 Season3

デロイト トーマツ コンサルティングの執筆陣による連載です。前連載では、DX/GXに焦点を当て、変革実現に向けたM&A・アライアンスの活用をご紹介しました。本連載では、各インダストリーにおける経営変革において、変革が求められる背景と M&Aが担う役割を考察します。産業構造や産業固有のトレンド、エポックメイキングな M&A 案件等を紹介しつつ、その裏にある企業戦略を紐解きます。

第6回(最終回) 事業会社におけるインパクト投資の推進に向けて

2024年4月号 354号

第5回 地域プラットフォーマーへの進化に向けた「持株会社体制」の活用

2024年2月号 352号

第4回 テレコム業界におけるインオーガニック戦略の実践を考える

2024年1月号 351号

ブランド起点のM&A

KPMG FASの執筆陣による連載です。低PBR脱却を求められる日本企業において無形資産経営(投資)は重要なアジェンダです。なかでもブランドをいかに活用して企業価値向上を目指すかという視点でブランド起点のM&Aを提言されています。対象会社のブランドを正当に評価し、強化・リポジショニングし、横展開していくことでグローバル競争力を高めるなど、企業にとって大きな成長戦略になり得るブランド起点のM&Aについて解説します。

第4回(最終回):共創型M&Aによるブランド価値向上

2024年5月号 355号

第3回:PMIを通じた組織変革を実現に導く、ソフト要因の重要性

2024年4月号 354号

第2回:効果的なブランド買収の要諦

2024年3月号 353号

産業構造の変化に対応するM&Aの実務

産業構造の変化はM&Aにどのような影響を及ぼすのか。新しい事業分野参入に必要なM&Aの実務とは何か。日本企業が直面している変化と課題について、産業別の様々なテーマを挙げながら読みやすい形式で連載します。

第28回  ノンオーガニック成長を支えるM&A(最終回)

2014年10月号 240号

第27回  M&Aの成長シナリオ(仮説と検証)

2014年9月号 239号

第26回  ダイベストメント-事業売却

2014年8月号 238号

カーブアウト・事業売却の人事実務

マーサー ジャパンの執筆陣による連載です。事業を「高く、遅滞なく、手離れよく」売却するには、売却合意前の「交渉の視点」と、合意後の「実行の視点」を混同することなく、人事関連では、従業員の雇用関係と従業員関連の債務・制度・インフラについて、しっかりと見通しを持つ必要があります。今連載では、カーブアウト・事業売却の人事実務のほか、表明保障保険の活用、平時からの取組についても解説します。

第8回(最終回) 総括

2023年9月号 347号

第7回 人事制度

2023年8月号 346号

第6回 退職給付制度の再構築

2023年7月号 345号

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々

大手電機メーカーの経営企画部次長である主人公の木村は本社の経営企画部へ配属された。様々なコーポレートアジェンダに携わり、その都度、経営と現場の間で葛藤しながら、自社におけるグローバル経営の在り方を模索するストーリーである。

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第20回)

2021年9月号 323号

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第19回)

2021年8月号 322号

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第18回)

2021年7月号 321号

【小説】新興市場M&Aの現実と成功戦略

主人公の朝倉は、1年半前に買収したインドの同業電器メーカーへ出向となった。M&A後の経営改革(PMI)に取り組む日本人出向者のサポート役だ。問題山積の中、文化の違いや創業家との軋轢を克服しながら、ついに社長訪印にまでこぎつける。新興国M&Aの生々しい現実とその成功への道筋を語る、M&Aコンサルタントによる迫真のストーリーである。

第50回(最終回)『PMIの最後のピース』

2019年6月号 296号

第49回『PMIの最終フェーズ』

2019年5月号 295号

第48回『社長訪印という千載一遇のチャンス』

2019年4月号 294号

【小説】経営統合の葛藤と成功戦略

大手金融会社同士の合併が決まり、一年後の合併に向けて経営統合推進事務局が設置された。「対等な精神」が独り歩きし対抗意識で張り詰めた雰囲気の中、物語は、そのキックオフ会議から始まる。システム統合問題など、幾度かの破談の危機を乗り越え、両社の事務局長の苦悩は報われるのか。M&Aコンサルタントが綴る経営統合の葛藤の物語である。

第70回 (最終回)『新たな旅立ち』

2015年4月号 246号

第69回 『予感』

2015年3月号 245号

第68回 『社長のヘリボーン作戦』

2015年2月特大号 244号

【小説】飛躍的成長を生み出すM&A戦略

中堅商社CR社の冨田社長は、会社を飛躍的に成長させるために積極的にM&Aを活用してきたつもりだったが、売り上げは増えても、思った効果が出ていないことを知った。それはなぜか、今後もM&Aを活用すべきか。思い悩む中、偶然、M&A戦略コンサルタントに出会う。経営コンサルタントが、M&Aプロセスを追いながら、M&A成功のポイントを語る。

第30回 『Day 1』(最終回)

2009年6月号 176号

第29回『M&Aの動向』

2009年5月号 175号

第28回『コストシナジー』

2009年4月号 174号

【小説】M&A会計士がゆく

第44回 『IPOかM&Aか?』

2006年12月号 146号

第43回 『M&A税制の基礎』

2006年11月号 145号

第42回 『債務超過会社の組織再編』

2006年10月号 144号

マールオンラインでは、毎日(平日)「M&A速報」を更新しています。
有料会員の皆様には、1日2回、いち早く「M&A速報」メールマガジンでお届けしています。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

おすすめ記事

アクセスランキング