レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

マールM&Aセミナー

マールM&Aセミナー

【オンラインセミナー】第36回 マールM&Aセミナー
アフターコロナの事業切り出し・買収における人材移籍スキームと実践的ノウハウ ――構造改革の成否を分けるジョブ型人事プラットフォーム構築戦略

オンラインセミナーを開催します。

マールM&Aセミナーは、マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家、事業会社のトップを講師としてお招きし、実務上の留意点、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続きなどについてご講演いただく企画です。

過去のセミナーにつきましては、こちらからご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

講演者鳥居 弘也 氏(マーサージャパン株式会社 グローバルM&Aチーム プリンシパル)
日 時2020年10月21日(水) 13時30分~15時00分
概 要

<主な内容(予定)>
1. 加速する事業再編~近年の動向
2. 事業再編の成功要因は、「最適な人材移籍スキームと巧みな実行」~事例紹介
3. 人材移籍スキームの検討時期、様々な人材移籍スキームと選択方法
4. 人材移籍の実行①:売り手側の実行ポイント
  ・社員の転籍同意100%取得、異議申し立てゼロをめざすアプローチなど
5. 人材移籍の実行②:買い手側の実行ポイント
  ・売り手との協同による優秀な社員のリテンション
  ・移籍社員・受入れ側社員の納得感とコストを考慮した処遇条件
  ・コミュニケーションプランの設計と売り手との連携の必要性など
6. 事業再編を円滑化するジョブ型人事プラットフォームについて

低収益事業の売却の流れが加速しています。最近の景気動向、経済産業省や株主の後押しもあり、今後更に多くの企業が事業切り出し・買収に取り組むことになると予測されます。その際、最も難しいのが、人材の移籍です。人材の移籍スキームも様々な方法があり、ディール・ストラクチャーや社員の環境変化を考慮し、最適なスキームを選択すべきです。
本セミナーでは、様々な人材移籍スキームと適用基準をケースも交えて解説します。 さらに実行段階における、売り手側がなすべき社員への説明責任や同意取得などの履行に関するポイント、買い手が懸念する優秀な社員のリテンション、移籍社員・受入れ側社員の納得感とコストを考慮した処遇条件の設計、コミュニケーションのポイントなど、実践的テクニックをケースも交えて説明します。
最後に、今後の取り組みとして、事業切り出し・買収時の人材の移籍を容易にするジョブ型の人事プラットフォームについても触れたいと思います。 

とりい・ひろや
長銀総研HRコンサルティング部門を経て、国際会計事務所系HRコンサルティング部門に移籍。米系戦略コンサルティングに2年間出向した後、マーサージャパンには10年間以上を勤務し、グローバルM&Aチームにプリンシパルとして在席する。
2002年からM&Aに組織・人事コンサルタントとして参加し、日系大手企業の経営統合支援、米系ファンドによる事業会社の買収および再生支援。近年は海外事業会社による日系企業買収と統合支援、日系企業グループの事業ポートフォリオ転換にともなう組織・人事面の課題解決アドバイザリー、PEファンドによる投資先事業会社の企業価値向上に取り組む。

参考記事

[寄稿・寄稿フォーラム]日系企業が取り組むべき「事業再編型M&A」 [2020年8月号]

参加費
(税込)

【無料会員様】22,000円
【有料会員様】M&A専門誌「マール」購読者
・A/B/EXコース6,000円
・Cコース10,000円
レコフM&Aデータベースご契約者6,000円


・M&A専門誌「マール」のお申込みは こちら から
・レコフM&Aデータベースのお申込みは こちら から
定 員

50名(先着順)

※同業他社様からのお申込みは、ご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
※申込者本人のみのご参加に限らせていただきます。他にもご参加を希望される方がいらっしゃる場合、おひとり様ずつお申込みをお願いいたします。
※お申込多数の場合は、IDごとにご参加の人数を制限させていただく場合がございます。
※お申込み確認後、弊社担当者よりご連絡させていただきます。メールが届かない場合は、お手数ですが弊社までお問合せください。
開催形式

オンラインセミナー
※配信ツールは「Zoom」を使用いたします。

※参加申込規定はこちら
 受付は終了しました 

お問い合わせ

電話番号03-3221-4942
メールアドレスma_seminar@recofdata.co.jp
フォームお問い合わせフォーム

過去のセミナー


その他のセミナー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム