レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

マールM&Aセミナー

マールM&Aセミナー

第30回 マールM&Aセミナー
アクティビストは敵なのか? ~アクティビストと自律的に対峙する方法


マールM&Aセミナーは、マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家、事業会社のトップを講師としてお招きし、実務上の留意点、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続きなどについてご講演いただく企画です。講師の方が登場された座談会やインタビュー、あるいは執筆の内容について、直接、ご本人にお聞きすることもできます。

過去のセミナーにつきましては、こちらからご覧ください。

今回は事業会社、機関投資家で資産運用業務に従事されている方(アクティビスト・ファンド所属の方を含みます)、弁護士等を対象としたセミナーです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

皆様のご参加をお待ちしております。

講演者古田 温子氏(旧姓:香田)(アイ・アールジャパン 取締役 投資銀行第三本部長)
日 時2019年11月20日(水) 15時00分~17時00分
概 要

2019年6月の総会シーズンは日本企業に対するアクティビスト活動が活発化し、公けになっているものだけでも件数、対象社数ともに過去最高となり、提案内容も多様化しています。アクティビストにとって日本企業はまだ手つかずのブルーオーシャンであり、来年に向けまだまだ手を緩めることはありません。アクティビストの目的や考え方をよく知り、先行的かつ自律的に対峙することが重要であり、いくつかの事例を踏まえながらベストな対応方法を探ります。

ふるた・あつこ(旧姓:香田)
一橋大学商学部経営学科卒業後、野村證券株式会社事業開発部・IBコンサルティング部にて、敵対的M&Aに関するアドバイザリー業務(ブルドックソース、電源開発、オリジン東秀、王子製紙等)に従事。その後、株式会社アイ・アールジャパン投資銀行本部にて、主としてアクティビスト対応に関するFA・PA業務に従事。ガバナンスやファイナンスにも精通。著書・講演多数。

【アジェンダ】
・今年の6月総会で何が起きたのか?
・さらに厳しさを増すと思われる来年の総会
・まず敵/相手を正しく理解する
・アクティビストと対峙する際の基本方針と実践
・外資規制がアクティビスト活動に与える影響  等

アクティビストを巡る状況は刻刻と変化しています。最新状況を直接、講師ご本人にお聞きすることができます。また、弁護士など専門家も多く受講されるため、広く意見交換の場としてご活用ください。

MARR Online(マールオンライン)掲載記事

IR・SRのプロが語る、M&Aアクティビズムの最新動向と日本企業への提言 [2019年7月号]

[座談会] M&Aアクティビズムの実際と対応のあるべき姿 [2018年6月号]

参加費
(税込)

【無料会員様】22,000円
【有料会員様】M&A専門誌「マール」購読者
・A/B/EXコース6,000円
・Cコース10,000円
レコフM&Aデータベースご契約者6,000円


・M&A専門誌「マール」のお申込みは こちら から
・レコフM&Aデータベースのお申込みは こちら から
定 員

30名(先着順)

※今回は事業会社、機関投資家で資産運用業務に従事されている方(アクティビスト・ファンド所属の方を含みます)、弁護士等を対象としております。あらかじめご了承ください。
※お申込多数の場合は、IDごとにご参加の人数を制限させていただく場合がございます。
※お申込み確認後、改めて弊社担当者よりご連絡させていただきます。メールが届かない場合は、お手数ですが弊社までご連絡下さい。
会 場

株式会社レコフデータ セミナールーム

東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル9F(地図はこちら

第30回セミナーお申し込み

お問い合わせ

電話番号03-3221-4942
メールアドレスmarr@recofdata.co.jp
フォームお問い合わせフォーム

過去のセミナー


その他のセミナー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム