レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A速報

随時
更新

【第5回】  リスク発見時の対応

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

NEW 【第5回】 リスク発見時の対応

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

  さて、前回は、自力でやってみるリスク・デュー・ディリジェンスについてお話ししましたが、今回は、これまでご紹介したようなリスク・デュー・ディリジェンスの結果、何らかのリスクが確認された場合に、企業はどう対応しているのかということについてお話しできればと思います。

  時々、リスク・デュー・ディリジェンスを行ったときに、ディールをやるかやらないかの2つの選択肢のためにしかデュー・ディリジェンスレポートを活用しない企業がみられます。そういった企業は、例えばクロールにデュー・ディリジェンスを依頼されても、「結局シロなんですか、クロなんですか。」とか「5段階評価だとどのレベルでしょうか。」といったご質問をされることがあります。しかし、それでは、せっかくのM&Aのチャンスをみすみす見逃すことにも、また、せっかくのリスクを避けられるチャンスを見逃してしまうことにもなりかねません。デュー・ディリジェンスにより「何がリスクなのか」というのを理解した後は、ディールの内容や自社の現状と照らし合わせて、「リスクへの対応」を考えることが必要になります。

1.M&Aにおける一般的なリスクマネジメントの方法

  一般的にリスク対応の方法としては、「リスクの保有」・「リスクの低減」・「リスクの移転又は共有」・「リスクの回避」と4種類あるといわれています。リスクが小さくまた発生確率が小さい場合には、何も対策を行わないで「リスクを保有」するという判断をし、リスクは小さいが発生確率が高い場合には「リスク低減」ということで何らかの対策を取り、リスクの発生確率は小さいがリスクが大きい場合には保険をかけるなどで「リスクの移転又は共有」という形をとり、リスクも大きく発生確率も大きいという場合には「リスク回避」という選択肢をとります。リスク・デュー・ディリジェンスの結果ディールを中止するというのは、このリスク回避にあたりますが、リスクがあればどんな場合でもすべてディールを中止してしまってよいのでしょうか。

  例えば、東南アジアの買収対象企業が、贈賄行為といった違法行為を長年にわたり行っており、この行為なしには事業が成立しえないというような場合や、反社会的勢力との密接な関係がどうしても断ち切れない、というように、深刻なリスクがどうしても排除できない場合には、さすがに買収を中止せざるを得ないような気がします。しかしながら、そういった深刻なリスクがある場合にでも…



■ クロール・インターナショナル・インク

■筆者経歴
村崎直子(むらさき・なおこ)
クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー。
大学卒業後、警察庁に入り、静岡県警捜査第二課長、兵庫県警外事課長を歴任。2008年ベイン・アンド・カンパニー・ジャパンを経て、10年クロール日本支社に入社。15年日本支社代表を経て、18年9月より現職。M&Aの際のデュー・ディリジェンスのほか、不正調査などを多く手掛ける。京都大学法学部卒業、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院修士課程修了。

 

 


日本ペイントHD<4612>、豪州塗料メーカーDuluxGroup社を約3005億円で買収

速報・トピックス

日本電産<6594>、オムロン<6645>の車載電装部品製造子会社を約1000億円で買収

速報・トピックス

【第3回】より遠い将来に発生する予想キャッシュフローの現在価値計算と成長型永久債の現在価値の公式

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門]

NEW 【第3回】より遠い将来に発生する予想キャッシュフローの現在価値計算と成長型永久債の現在価値の公式

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

<新連載>【第1回】京都銀行 営業本部 M&A推進室

スキルアップ

[地域金融機関にきく「M&Aによる地域活性化の現場」]

<新連載>【第1回】京都銀行 営業本部 M&A推進室

日本政策投資銀行 企業戦略部

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

【出席者】(五十音順)
阿南 雅哉(京都銀行 専務取締役)
安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)(司会)
西内 幸男(独立行政法人 中小企業基盤整備機構 ファンド事業部部長)

日本で第三者機関認定のMBA資格を取得するには

その他

[PR]

日本で第三者機関認定のMBA資格を取得するには

喜多 元宏(株式会社エグゼクティブ・ジャパン 代表取締役)

日本ペイントHD<4612>、豪州塗料メーカーDuluxGroup社を約3005億円で買収

速報・トピックス

【第5回】  リスク発見時の対応

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

NEW 【第5回】 リスク発見時の対応

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

TKP<3479>、シェアオフィス大手のスイスIWG傘下の日本リージャスHDを買収

速報・トピックス

日本電産<6594>、オムロン<6645>の車載電装部品製造子会社を約1000億円で買収

速報・トピックス

【第3回】より遠い将来に発生する予想キャッシュフローの現在価値計算と成長型永久債の現在価値の公式

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門]

NEW 【第3回】より遠い将来に発生する予想キャッシュフローの現在価値計算と成長型永久債の現在価値の公式

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 攻めのPMI ~企業価値最大化の契機としてのM&A~]

NEW 【第2回】 シナジーの網を広く張る: シナジー検討のあるべきアプローチ

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー)
加藤 千尋(マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー)

速報・トピックス

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW エスエルディー<3223>、DESと新株予約権を発行

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

NEW 第143回 近年の税制改正と海外組織再編への影響

荒井 優美子(PwC税理士法人 タックス・ディレクター)

ピックアップ

事業承継

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

[対談・座談会]

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

【出席者】(五十音順)
阿南 雅哉(京都銀行 専務取締役)
安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)(司会)
西内 幸男(独立行政法人 中小企業基盤整備機構 ファンド事業部部長)

PMI

[座談会]実務者が語るグローバルM&AにおけるPMIの実際

[対談・座談会]

[座談会]実務者が語るグローバルM&AにおけるPMIの実際

【出席者】(五十音順)
澤 由紀子(味の素 理事 コーポレート戦略部長)
林 義和(ルネサスエレクトロニクス 企画本部 経営企画・財務統括部コーポレートアライアンス部長 兼テクノロジー・マーケットインテリジェンス部長)(司会)
横瀧 崇(アクセンチュア 戦略コンサルティング本部M&A統括 マネジング・ディレクター)

M&A基本スキル

【第5回】  リスク発見時の対応

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

【第5回】 リスク発見時の対応

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

2019年1-3月のM&A件数と金額

2019.3.31現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)747
206
65
1,018
増加率16.0%24.1%16.1%17.6%
金額 (億円)5,86024,380
1,313
31,554
増加率-33.0%-19.2%-33.5%
-22.9%
  • ※2018年1-12月の日本企業のM&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム