レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A速報

随時
更新

Spotify(スポティファイ)上場にみる音楽市場の変化とその先

速報・トピックス

 藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

躍進するストリーミングサービス「スポティファイ」

  4月3日(米国時間)、音楽ストリーミング配信サービスのSpotify(スポティファイ)がニューヨーク証券取引所に上場した。新たに株式を発行せず、既存の株式を上場させるダイレクト・リスティング(直接上場)で注目を集めた。

  スポティファイは定額制(サブスクリプション)の音楽ストリーミング配信でNo1のシェアを誇る。有料会員数は7,500万人(18/3末)で、2番手のApple Music(3,800万人)の倍近い。無料版を含む月間ユーザー数は1.7億人(18/3末)となる。

  同社が重視するのはユーザーとアーティストとのセレンディピティ(出会い)にある。スポティファイのアプリにはアーティストなどが編集したプレイリストが多数並んでおり、知らなかったアーティストや新たな音楽と出会うことができる(図表1)。

  同社は無料版と有料版(プレミアム)を組み合わせたフリーミアムモデルにこだわっている。無料版では広告が流れ、曲をスキップできる回数、音質面などで一部制限がかけられているが、サービスの素晴らしさは十分体感できる。筆者はAmazon Prime Musicとスポティファイの無料版でストリーミングを楽しんでいるが、スポティファイの利用頻度のほうが多いかもしれない。

  スポティファイがけん引するストリーミングサービスはなぜこれだけ注目されるのか、そして音楽市場にどのような影響をもたらすのだろうか。

図表1  スポティファイのホーム画面

        加速するストリーミングサービス

(CD⇒ダウンロード⇒ストリーミング)

  99年以降、世界の音楽市場はCDの売上減少とともに下がり続けてきたが、2012年にようやく下げ止まり、2015年以降は再び成長軌道に乗りそうな勢いを見せている。国際レコード産業連盟(IFPI)によると、2017年の全世界音楽売上は前年比8.1%増の173億ドルとなり2年連続の高成長となった。(図表2)

  21世紀初頭までの音楽市場はCDを中心とするパッケージ売上のみであったが、2017年は売上の約半分をデジタル配信で占めている。デジタル配信はダウンロード型が主流だったが2012年に頭打ちとなる。これに代わって急速に伸びてきたのがストリーミングであり、2017年にはパッケージ売上げを上回る売上高を示した(同図)。



■藤原 裕之(ふじわら ひろゆき)

略歴:
弘前大学人文学部経済学科卒。国際投信委託株式会社(現 三菱UFJ国際投信株式会社)、ベリング・ポイント株式会社、PwCアドバイザリー株式会社を経て、2008年10月より一般社団法人 日本リサーチ総合研究所 主任研究員。専門は、リスクマネジメント、企業金融、消費分析、等。日本リアルオプション学会所属。

※詳しい経歴・実績はこちら
※お問い合わせ先:hiroyuki.fujiwara@research-soken.or.jp

 

 



婚活サービス展開のIBJ<6071>、ミクシィ<2121>子会社で結婚支援のDiverseを買収

速報・トピックス

日産証券、岡藤HD<8705>に資本参加

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW 日産証券、岡藤HD<8705>に資本参加

「東芝問題に思う」

視点・寄稿

[視点]

「東芝問題に思う」

 平野 正雄(早稲田大学ビジネススクール 教授)

特集:
M&Aアクティビズムの実際と対応のあるべき姿
2018年4月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2018年4月の全国・地域別M&A状況

1. 2018年4月は「北海道・東北」、「関東・甲信越」などで前年同月比増加

 47都道府県に本社を置く日本企業が2018年4月に実施(発表)したM&A件数を全国6ブロック別(地方別)にまとめ、それぞれ買い手(当事者1)、売り手(当事者2)別に集計し、前年同月と比較してみると、「関東・甲信越」で買い手が141件から222件、売り手が116件から194件に増加、「北陸・中部」で買い手が7件から17件、売り手が6件から14件に増加、「九州・沖縄」で買い手が5件から6件、売り手が8件から11件と、買い手・売り手ともに増加した。そのほか、「北海道・東北」で買い手が9件から10件に増加、売り手が13件から11件に減少、「近畿」で買い手が32件から31件に減少、売り手が19件から24件に増加した。「中国・四国」では、買い手が8件から7件、売り手が6件から4件に減少と、買い手・売り手ともに減少した。

 1-4月の累計を前年同期と比較してみると、
第158回 総合商社業界 非資源分野への投資、財務体質改善に戦略転換

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第158回 総合商社業界 非資源分野への投資、財務体質改善に戦略転換

編集部

統計(表とグラフ)

グラフ&データ

[統計(表とグラフ)]

統計(表とグラフ)

トランプ政権下で重要性を増す安全保障・輸出管理とM&A

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

トランプ政権下で重要性を増す安全保障・輸出管理とM&A

内海 英博(TMI総合法律事務所 パートナー 日本国及びNY州弁護士/日本国及び米国公認会計士)

新興市場M&Aの現実と成功戦略 第38回『お手盛りの現場視察』

M&A戦略・実務

[M&Aストーリー]

新興市場M&Aの現実と成功戦略 第38回『お手盛りの現場視察』

神山 友佑(デロイト トーマツ コンサルティング パートナー)

第114回 日本事業の海外統合

M&A戦略・実務

[ポストM&A戦略]

第114回 日本事業の海外統合

竹田 年朗(マーサー ジャパン グローバルM&Aコンサルティング パートナー)



「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aをどこよりも網羅的に即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。
日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツールとして、M&A業務に携わる方々、企業経営者、研究者の必須アイテムです。


日経テレコンの「レコフM&A情報」、「日経ValueSearch」からも「レコフM&Aデータベース」の個別案件は入手可能です。

 

サービス詳細へ

※レコフM&Aデータベースを活用した記事は下記をご覧ください



日産証券、岡藤HD<8705>に資本参加

速報・トピックス

<速報>公表アドバイザー情報

NEW 日産証券、岡藤HD<8705>に資本参加

Spotify(スポティファイ)上場にみる音楽市場の変化とその先

速報・トピックス

藤原裕之の金融・経済レポート

NEW Spotify(スポティファイ)上場にみる音楽市場の変化とその先

 藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

速報・トピックス

グラフ&データ

公表アドバイザー情報

公表アドバイザー情報

グラフ&データ

統計(表とグラフ)

統計(表とグラフ)

マーケット動向

地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~

2018年4月の全国・地域別M&A状況

ピックアップ

買収防衛策

[座談会]日本のガバナンス改革の進展と戦略的企業買収の行方――王子製紙事件から10年、提案型TOBはどうなるのか

[対談・座談会]

[座談会]日本のガバナンス改革の進展と戦略的企業買収の行方――王子製紙事件から10年、提案型TOBはどうなるのか

 田中 亘(東京大学 教授)
 ニコラス・ベネシュ(公益社団法人役員育成機構 代表理事、在日米国商工会議所成長戦略タスクフォース 委員長)
 川村 尚永(経済産業省 経済産業政策局 産業組織課長)
 司会・編集 川端 久雄(編集委員、日本記者クラブ会員)

アクティビスト(物言う株主)

[座談会] M&Aアクティビズムの実際と対応のあるべき姿

[対談・座談会]

[座談会] M&Aアクティビズムの実際と対応のあるべき姿

【出席者】(五十音順)
 今関 源規(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 マネージングディレクター)
 デイビッド スナイダー(シンプソン サッチャー アンド バートレット外国法事務弁護士事務所 パートナー弁護士)
 古田 温子(アイ・アール ジャパン 投資銀行第三本部長)
 石綿 学(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士) (司会)

武田薬品工業

日本企業のグローバル化とM&A戦略--代表的経営者の視点から

[対談・座談会]

日本企業のグローバル化とM&A戦略--代表的経営者の視点から

永守 重信日本電産社長/長谷川 閑史武田薬品工業社長、経済同友会代表幹事/司会・構成 川端久雄(マール編集委員、日本記者クラブ会員)

2018年1-4月のM&A件数と金額

2018.4.30現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)896222791,197
増加率41.5%10.4%54.9%35.3%
金額 (億円)10,51531,6082,23744,360
増加率1.6%23.0%-66.8%3.7%
  • ※2017年1-12月の日本企業の
    M&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]


M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ
M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム