レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A速報

随時
更新

笹沼 泰助(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 代表パートナー)
喜多 慎一郎(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 シニア パートナー)

右から笹沼 泰助氏、喜多 慎一郎氏
大型の案件も投資可能に

―― 2020年4月に総額850億円の第6号ファンドを設立されました。6号ファンド設立の経緯、投資戦略についてお聞かせください。

喜多 「5号ファンドは約600億円のファンドで、2020年の頭に13件目となる富士通インターコネクトテクノロジーズに投資を実行しました。これで新規の投資は終了し、これからは既存投資先の追加投資やエグジットに注力していくことになります。足元は、新型コロナの影響で苦戦している案件もありますが、全体的には非常にバランスの良いポートフォリオとなっていると思います。また、昨年はICI石井スポーツのヨドバシホールディングス様への株式譲渡、今年3月にはきずなホールディングスという葬儀会社の株式上場など、5号ファンド初期投資案件のイグジットが始まっている状況です。そこで、後継ファンドを立ち上げる必要があるということで、今回の6号ファンド設立となりました。

 6号ファンドについても、基本的な投資戦略としては従来と同じく、中堅企業を中心に、事業承継案件や大企業子会社のカーブアウト案件への投資という戦略を継承していきますが、今回のファンドは対象企業に合わせた投資規模やストラクチャーに、より柔軟に対応できるようになっています」
 
―― 5号ファンドと具体的にどういう点が変わったのですか。

喜多 「5号ファンドに比べ、6号ファンドではエクイティサイズについての制約が緩和されました。例えば、少し大きめの投資案件に対し、LP投資家や他ファンド、事業会社と協調で取り組むことの自由度が増しています」

―― 従来より大型の案件でも投資可能になったということですね。

喜多 「5号ファンドの案件サイズは1件あたり平均で40億円ぐらいです。6号ファンドも基本的な投資戦略自体は変わりませんが、ファンド規模が大きくなり、各種制約が緩和されたことにより、平均的な案件サイズはもう少し大きくなると思います。実際に6号ファンドでは、企業価値で1000億円に近い案件も検討しています」

投資対象として注目する分野
新M&A指針公表後の実務

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

NEW 新M&A指針公表後の実務

玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)

<新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

スキルアップ

[【法務】Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流]

NEW <新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

森 幹晴(東京国際法律事務所 代表パートナー 弁護士・NY州弁護士)

窮地に立たされる医療機関の再編と「地域ヘルスケア連携基盤」の活動

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

窮地に立たされる医療機関の再編と「地域ヘルスケア連携基盤」の活動

武藤 真祐(地域ヘルスケア連携基盤 代表取締役会長)

ベトナムの製菓業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

ベトナムの製菓業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

スキルアップ

[【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~]

【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社 社長)

【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

笹沼 泰助(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 代表パートナー)
喜多 慎一郎(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 シニア パートナー)

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

<新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

スキルアップ

[【法務】Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流]

NEW <新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

森 幹晴(東京国際法律事務所 代表パートナー 弁護士・NY州弁護士)

グラフ&データ

[統計(表とグラフ)]

NEW 統計(表とグラフ)

グラフ&データ

[公表アドバイザー情報]

NEW 公表アドバイザー情報

グラフ&データ

[ファンドデータ]

NEW ファンドデータ

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

NEW 第186回 ビール業界 ~グローバル化に向けたM&Aの動向と今後の注目点

田城 謙一(レコフデータ 編集委員)

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

NEW 2020年8月の全国・地域別M&A状況

企業研究

[M&Aの現場から]

NEW 【Lキャタルトン】世界最大級のコンシューマー業界特化型PE投資ファンドを運営

清水 俊孝(パートナー)
白水 尚史(バイスプレジデント)
小西 恭平(アナリスト)

ピックアップ

新型コロナ

[座談会]新型コロナ禍を踏まえたグローバルリスク・危機管理対応の実際とあるべき姿

[対談・座談会]

[座談会]新型コロナ禍を踏まえたグローバルリスク・危機管理対応の実際とあるべき姿

【出席者(五十音順)】
池島 勝利(マーシュブローカージャパン マネージングディレクター)
佐々木 清隆(一橋大学大学院経営管理研究科 客員教授)
野尻 明裕(ボックスグローバル・ジャパン 代表取締役社長)
村崎 直子(クロールインターナショナル シニアアドバイザー、ノブリジア代表取締役)(司会)

M&Aプラットフォーム

【第116回】M&Aで10年間・60万者の第三者承継を目指す ~ 官民連携の『第三者承継支援総合パッケージ』とは

[Webインタビュー]

【第116回】M&Aで10年間・60万者の第三者承継を目指す ~ 官民連携の『第三者承継支援総合パッケージ』とは

松井 拓郎(経済産業省 中小企業庁 事業環境部 財務課長)

2020年1-8月のM&A件数と金額

2020.8.31現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)1,8863851302,401
増加率-5.7%-32.7%-25.3%-12.6%
金額 (億円)17,314
33,44422,00272,761
増加率-25.2%-45.9%120.9%-23.4%
  • ※2019年1-12月の日本企業のM&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]
M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム