レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A速報

随時
更新

レコフM&Aデータベースより)

[2019/01/18]
廣済堂の土井常由社長は、米投資ファンドのベインキャピタルと共同で、廣済堂をMBOにより買収する。完全子会社化し、非上場化を目指す。ベインキャピタルが投資助言を行うファンドが100%出資するBCJ-33(東京)が全額出資で設立したBCJ-34(同)を通じてTOBを実施する。これに先立ち、土井氏から100株取得した。廣済堂の取締役会は賛同している。澤田ホールディングスは12.4%を応募する。買付予定数は2491万3439株(買付け等後の所有割合100%)。1660万9000株(同66.67%)を下限とする。発行済株式数から…

第165回 アパレル業界 ファーストリテイリングが過去最高業績を達成、「情報製造小売業」実現加速

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第165回 アパレル業界 ファーストリテイリングが過去最高業績を達成、「情報製造小売業」実現加速

マール企業価値研究グループ

【特別インタビュー】日産自動車・ルノー同盟はどうなる~「3つのシナリオ」を分析する

企業研究

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

【特別インタビュー】日産自動車・ルノー同盟はどうなる~「3つのシナリオ」を分析する

柳瀬 志樹(ムーディーズ・ジャパン ヴァイス・プレジデント、シニア・クレジット・オフィサー)

投資業の南青山不動産、廣済堂<7868>にTOBを実施

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW 投資業の南青山不動産、廣済堂<7868>にTOBを実施

KDDI、カブドットコム証券に49%出資

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

KDDI、カブドットコム証券に49%出資

【第3回】  非財務リスクに着目したデュー・ディリジェンス(2)~発見されたリスクの実例

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

【第3回】 非財務リスクに着目したデュー・ディリジェンス(2)~発見されたリスクの実例

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

【第104回】<レコフM&Aデータベース・ユーザーインタビュー> 第2回 M&Aコーポレート・アドバイザリー

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第104回】<レコフM&Aデータベース・ユーザーインタビュー> 第2回 M&Aコーポレート・アドバイザリー

谷口 友保(代表取締役社長)
森本 良(ヴァイスプレジデント)

投資業の南青山不動産、廣済堂<7868>にTOBを実施

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW 投資業の南青山不動産、廣済堂<7868>にTOBを実施

<新連載>【第1回】様々な企業価値算定手法とその特徴

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門]

NEW <新連載>【第1回】様々な企業価値算定手法とその特徴

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

速報・トピックス

速報・トピックス

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

KDDI、カブドットコム証券に49%出資

ピックアップ

事業承継

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

[対談・座談会]

[座談会]中小企業の事業承継・再生支援とPEファンドの役割

【出席者】(五十音順)
阿南 雅哉(京都銀行 専務取締役)
安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)(司会)
西内 幸男(独立行政法人 中小企業基盤整備機構 ファンド事業部部長)

M&A基本スキル

【第3回】  非財務リスクに着目したデュー・ディリジェンス(2)~発見されたリスクの実例

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

【第3回】 非財務リスクに着目したデュー・ディリジェンス(2)~発見されたリスクの実例

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

2019年1-2月のM&A件数と金額

2019.2.28現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)465
146
41
652
増加率14.0%41.7%36.7%20.5%
金額 (億円)4,41610,413
727
15,557
増加率-13.5%-55.7%-59.3%
-48.8%
  • ※2018年1-12月の日本企業のM&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]
M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム